ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

依存関係の解析に備えたデッド ロジックの調整

依存関係の解析用にモデル内のデッド ロジックを調整するには、モデル スライサーを使用します。正確なスライスを提供するために、モデル スライサーは Simulink® Design Verifier™ のデッド ロジック解析を活用して、モデル内の到達不能パスを削除します。モデル スライサーはデッド ロジックを特定し、依存関係の解析用にモデル スライスを調整します。デッド ロジックの詳細については、デッド ロジックの検出 (Simulink Design Verifier)を参照してください。

デッド ロジックの解析

この例では、デッド ロジックに関してモデルを調整する方法を説明します。sldvSlicerdemo_dead_logic モデルはデッド ロジック パスで構成されており、これらを依存関係の解析用に調整します。

1.sldvSlicerdemo_dead_logic モデルを開いてから、[解析][モデル スライサー] を選択します。

open_system('sldvSlicerdemo_dead_logic');

Controller サブシステムを開いて、出力端子 throt を開始点として追加します。

モデル スライサーで、throt 出力端子の上流の依存関係が強調表示されます。

2.モデル スライス マネージャーで、[デッド ロジックの調整] を選択します。

3.[デッド ロジック データの取得] をクリックします。

4.[解析時間] を指定して解析を実行します。既存のデッド ロジック結果を sldvData ファイルからインポートしたり、既存の .slslicex データを解析用に読み込むことができます。詳細については、既存の .slslicex またはデッド ロジック結果を使用した強調表示されたモデルの調整を参照してください。

set 入力が true と等しいため、スイッチへの False 入力は、依存関係の解析に備えて削除されます。同様に、ブロック OR の出力は常に true であるため、モデル スライスから削除されます。

関連するトピック