Main Content

既存の .slslicex またはデッド ロジック結果を使用した強調表示されたモデルの調整

シミュレーションの実行またはデッド ロジックの調整を行うと、モデル スライサーにより、シミュレーション結果が既定の場所である <current_folder>\modelslicer\<model_name>\<model_name>.slslicex に保存されます。大規模または複雑なモデルでは、シミュレーション時間が長くなる場合があります。強調表示されたスライスを調整するために、モデル スライサーでの既存のシミュレーション データまたはデッド ロジック結果を使用できます。

後で再びモデル内の機能の依存関係を強調表示する場合、モデルのシミュレーションを再実行することなく、.slslicex の既存のシミュレーション時間枠データを使用できます。この場合、モデル スライサーは既存のシミュレーション データを使用してモデルを強調表示します。

  1. Simulink® モデルを開きます。

  2. モデル スライス マネージャーを開くには、[モデルの検証とテスト] ギャラリーの下の [アプリ] タブで、[モデル スライサー] をクリックします。

  3. [シミュレーション時間枠] を選択します。

  4. [既存のシミュレーション データを使用] をクリックします。

  5. 既存の .slslicex データに移動して [開く] をクリックします。

依存関係の解析用にデッド ロジックを調整するには、Simulink Design Verifier™ の既存のデータ ファイルをインポートするか、既存の .slslicex のデッド ロジック結果を使用することができます。詳細については、デッド ロジックの検出 (Simulink Design Verifier)およびSimulink Design Verifier データ ファイル (Simulink Design Verifier)を参照してください。

  1. モデル スライス マネージャーで、[デッド ロジックの調整] を選択して [デッド ロジック データの取得] をクリックします。

  2. Simulink Design Verifier のデータ ファイルをインポートするには、[SLDV データ ファイルの参照] をクリックします。

    既存のデッド ロジックの結果を読み込むには、[既存のデッド ロジックの結果の参照] をクリックします。

  3. 既存のデータに移動して [開く] をクリックします。

関連するトピック