Main Content

機能テストのための参照モデルの分離

参照モデルの機能テストを行うために、参照モデルのスライスを作成し、開ループ モデルとして扱うことができます。簡易化された開ループ参照モデルは、閉ループ システムをシミュレートすることによって生成された入力を使用して分離できます。

この例では、フォールトトレラント燃料制御システムの参照モデル コントローラーを機能テストのためにスライスする方法を示します。デバッグおよび調整のために簡易化された開ループ参照モデルを作成するには、参照先のコントローラーのスライスを生成します。

手順 1: モデルを開く

フォールトトレラント燃料制御システム モデルには、参照モデル コントローラー fuel_rate_control が含まれています。

open_system('sldvSlicerdemo_fuelsys');

手順 2: 参照モデルをスライスする

fuel_rate_control 参照モデルを解析するには、スライスしてスタンドアロンの開ループ モデルを作成します。モデル スライス マネージャーを開くには、[アプリ][モデルの検証とテスト][モデル スライサー] を選択するか、fuel_rate_control モデルを右クリックして [モデル スライサー][コンポーネントのスライス] を選択します。モデル スライス マネージャーを開くと、モデル スライサーはモデルをコンパイルします。その後、モデル スライスのプロパティを設定します。

メモ: sldvSlicerdemo_fuelsys モデルのシミュレーション モードは Accelerator モードです。参照モデルをスライスするときに、そのシミュレーション モードが Normal モードに設定され、モデル スライサーの終了時に元のシミュレーション モードに戻ります。

手順 3: 開始点を選択する

fuel_rate_control モデルを開き、fuel-rate 端子を右クリックして、[モデル スライサー][開始点として追加] を選択します。モデル スライサーで、fuel_rate に影響を与える上流の構造が強調表示されます。

手順 4: スライスを生成する

a. [モデル スライス マネージャー] ダイアログ ボックスで、[シミュレーション時間枠] を選択します。

b. [シミュレーションを実行] ボタンをクリックします。

c. [終了時間]20 を入力します。[OK] をクリックします。

d. [スライスの生成] をクリックします。閉ループの sldvSlicerdemo_fuelsys モデルの入力を使用して、スライス参照モデルがシミュレートされます。

スライス モデルに関して、[Signal Builder] ウィンドウに、シミュレーション時間 0 ~ 20 秒の参照モデルに対する信号入力を表すテスト ケースが表示されます。