Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンテンツのインライン化によるスタンドアロン モデルの簡略化

スライス モデルを生成するとき、モデル コンテンツをインライン化することにより、ファイルの依存関係を削減できます。インライン化により機能コンテンツをスライス モデルに取り込み、モデルの調整やデバッグではしばしば不要となるモデル参照、ライブラリ リンク、バリアント構造体を取り除くことができます。

特定のブロック タイプについてインライン化を無効にする場合、モデル スライス マネージャーを開き、[オプション] ボタン をクリックします。インライン化するコンテンツのブロック タイプのみ選択します。ブロック固有のインライン化の動作についての詳細は、インライン コンテンツ オプションを参照してください。

この例は、Model ブロックによって参照されるモデルのコンテンツのインライン化を示します。

  1. 例へのパスを追加し、モデルを開きます。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','simulink','examples'))
    open_system('sldvSliceEngineDynamicsExample')
  2. [モデルの検証とテスト] ギャラリーの下の [アプリ] タブで、[モデル スライサー] をクリックします。

  3. モデルで MAP の出力端子を右クリックし、[モデル スライサー]、[開始点として追加] を選択します。Model ブロックを経由してパスが強調表示されます。

  4. 強調表示された部分からスライス モデルを作成します。モデル スライス マネージャーで [スライスの生成] ボタンをクリックします。

  5. スライス モデルのファイル名を入力します。

  6. スライス モデルには強調表示されたモデルのコンテンツが含まれます。モデル参照は削除されます。

  7. 矢印をクリックして ThrottleAndManifold サブシステムのマスクの下を確認します。参照モデルからのコンテンツが、マスク サブシステム内のモデルの中にインライン化されています。