Main Content

高速リスタート モードを使用したスライス シミュレーションのデバッグ

モデル スライサーを高速リスタート モードで使用することで、複数のスライサーのシミュレーションを実行し、モデル デバッグのワークフローを効率化します。詳細については、高速リスタートのご利用の前にを参照してください。

高速リスタート モードを有効にすると、次のことが可能になります。

  • モデルを再コンパイルすることなく、さまざまな入力を使用して、複数のスライサーのシミュレーションを効率的に実行する。

  • シミュレーションの主要なタイム ステップをステップ実行し、スライスがどのように変化するかを検証しながら、シミュレーションをデバッグする。詳細については、シミュレーション ステッパーの使用を参照してください。

モデル スライスでのテスト ケースのシミュレーションおよびデバッグ

この例では、高速リスタート モードでどのようにして、さまざまなテスト ケース入力を使用し、モデルを再コンパイルすることなく、スライサーのシミュレーションが実行されるかについて説明します。テスト ケース入力を使用してスライス化されたハーネス モデルをシミュレートし、依存関係の解析をモデル内で強調表示できます。

タイム ステップをステップ実行することで、強調表示されたスライスを解析します。シミュレーション ステッパーを使用して、各タイム ステップでスライスがどのように変化するかを解析します。

  1. sldvdemo_cruise_control モデルを開きます。

    open_system('sldvdemo_cruise_control');
  2. sldvoptions パラメーターを設定し、指定したオプションを使用してモデルを解析します。

    opts = sldvoptions;
    opts.Mode = 'TestGeneration';             % Perform test-generation analysis
    opts.ModelCoverageObjectives = 'MCDC';    % Specify type of model coverage
    opts.SaveHarnessModel = 'on';             % Save harness as model file
    [ status, files ] = sldvrun('sldvdemo_cruise_control', opts);
    

    解析後、ハーネス モデル sldvdemo_cruise_control_harness が開かれ、既定の場所 <current_folder>\sldv_output\sldvdemo_cruise_control\sldvdemo_cruise_control_harness.slx に保存されます。詳細については、Simulink Design Verifier ハーネス モデル (Simulink Design Verifier)を参照してください。

  3. [高速リスタートを有効にする] ボタン をクリックして、高速リスタート モードを有効にします。

  4. [モデルの検証とテスト] ギャラリーの下の [アプリ] タブで、[モデル スライサー] をクリックします。モデル スライサーはモデルをコンパイルします。

    必要に応じて、モデル スライス マネージャーを開いた後に高速リスタートを有効にできます。[シミュレーション時間枠] を選択し、[シミュレーションを実行] ボタン をクリックします。[シミュレーション時間枠の記録] で [ここ] リンクをクリックして、高速リスタートを有効にします。

  5. モデル スライス マネージャーで [すべての出力端子を追加] をクリックして、[開始点] を追加します。

    throt および target outports[開始点] として追加されます。

  6. テスト ケースをシミュレートし、スライス内で強調表示された依存関係を解析できます。

    1. Signal Builder ブロックで、Test Case 4 を選択します。

    2. [シミュレーションの開始] ボタン をクリックしてテスト ケースをシミュレートします。

      必要に応じて、Simulink® エディターの [実行] ボタン を使用してモデルをシミュレートできます。モデル スライス マネージャーの [シミュレーション時間枠] を使用してシミュレートすることもできます。

      スライスでは、Test Case 4 入力の依存関係が強調表示されています。

      さまざまなテスト ケース入力についてスライスをシミュレートし、依存関係を解析することができます。

  7. シミュレーション ステッパーを使用して、スライサーのシミュレーションをデバッグします。詳細については、シミュレーション ステッパーへのアクセスを参照してください。

    1. sldvdemo_cruise_control_harness モデルの Simulink エディターで、[ステップを進める] ボタンをクリックして、テスト ケースのシミュレーションをデバッグします。各タイム ステップで、信号値および強調表示されたスライスを参照できます。詳細については、シミュレーション ステップ オプションを参照してください。T=0.010 での信号値および依存関係が表示されます。

    2. T=0.030 でのスライスをデバッグするには、ステップを進めて、信号値および強調表示されたスライスを表示します。

  8. [実行] ボタンをクリックして、シミュレーション ステップを終了します。

関連するトピック