Main Content

依存関係の解析のワークフロー

モデル解析にはブロック、信号、モデル コンポーネントの依存関係の特定が含まれます。たとえば、サブシステムの出力に影響しているブロックを確認したり、複数のスイッチおよびロジックを通る信号パスをトレースします。特に大規模なモデルや複雑なモデルでは、依存関係の特定には時間がかかる場合があります。モデル スライサーを使用すると、大規模なモデルや複雑なモデルの機能の依存関係を簡単に理解できます。また、モデル スライサーを使用してスタンドアロンの簡略化モデルを作成できます。これにより、元のコンテキストを保持しながら、理解および解析がより簡単にできるようになります。

依存関係の解析のワークフロー

依存関係の解析のワークフローはモデル内で対象領域を特定し、スライス モデルを生成して修正し、これらの修正をメイン モデルに組み込みます。

依存関係の解析の目的

モデル内の対象領域を特定するために、たとえば以下のような目的を確認します。

  • どの項目を解析するか。少なくとも 1 つの開始点から解析を行います。

  • どの方向に解析を伝播させるか。依存関係の解析は開始点から上流に、下流にまたは双方向に伝播します。

  • どのモデル項目またはパスを解析から除外するか。

  • どのパスを制約するか。モデルにスイッチが含まれる場合、解析するスイッチの位置を制約できます。

  • モデルは閉ループのシステムであるか。閉ループのシステムである場合、モデル内の強調表示された部分には、フィードバック ループからのモデルの依存関係を含めることができます。モデル内の強調表示された部分を調整するために、フィードバック ループからブロックを除外することを検討してください。

  • 静的な依存関係を解析するか、またはシミュレーションの効果を含めるか。静的な解析では、可能性のあるシミュレーション パスでのモデルの依存関係が考慮されます。シミュレーションベースの解析では、シミュレーション時にアクティブなパスのみ強調表示されます。

関連するトピック