Simulink Design Verifier

要件の妥当性確認

設計を始める前に、整合性と完全性のモデル化された要件をチェックします。

ランタイムエラーおよび診断エラーの検出

シミュレーションを実行する前に、整数オーバーフロー、ゼロ除算、範囲外配列アクセス、非正規値、浮動小数点エラーなどのランタイムエラーやモデリングエラー、データ有効性エラーなどを検出できます。

デッドロジックの検出

シミュレーションや生成されたコードの実行中に有効化できないモデル内のオブジェクトを検出します。

未達テストカバレッジの解析

手動で作成した既存のテストケースを拡張し、不完全なモデルカバレッジと、生成コードのカバレッジ、Simulink® ブロックや Stateflow® チャートから呼び出される C/C++ コードのカバレッジに対処します。

形式的安全要件の検証

MATLAB®、Simulink、Stateflow を使用して表現した、形式的に定義された安全要件に従って設計が動作することを検証します。

要件ベースのテストケースの作成

システム要件のモデルからテストケースを生成します。

展開のためのモデルの単純化

マスター バリアント モデルの妥当性を完全に確認した後、バリアント リデューサーを使用して、有効なコンフィギュレーションのサブセットに対する低次元化されたモデルを生成します。関連ファイルや変数の依存関係もすべて低次元化されます。低次元化されたアーティファクトは個別のフォルダーにパッケージ化され、簡単に展開でき、顧客やパートナーと共有できます。

「モデルベースデザインのおかげで、要件を迅速に解析し、過去の製品の設計を再利用し、手作業によるコーディングエラーを排除できたことにより、開発期間が削減され、顧客のニーズに合わせてスケジュールを短縮できるようになりました。」

MyoungSuk Ko、LS Automotive