Simulink Design Verifier

 

Simulink Design Verifier

設計エラーを識別し、要件準拠を証明し、テストを生成する

詳細を見る:

設計エラー検出

ランタイムエラー、診断エラー、デッドロジックなど、モデル内の設計エラーをシミュレーションの前に発見します。

ランタイムエラーと診断エラー

シミュレーションを実行する前に、整数オーバーフロー、ゼロ除算、範囲外配列アクセス、非正規値、浮動小数点エラーなどのランタイムエラーおよびモデリングエラーと、データ有効性エラーを検出できます。 

デッドロジック

シミュレーション中および生成コードの実行中にアクティブにできない、モデル内のオブジェクトを見つけます。

モデル内のデッドロジックの表示。

テストケース生成

構造および機能カバレッジを満たす動的シミュレーション用のテストケースを生成します。

カバレッジを高めるためのテストケース

手動で作成された既存のテストケースを強化し、拡張して、不完全なモデルカバレッジに対処します。

要件ベースのテストケース

システム要件のモデルからテストケースを生成します。

C/C++ コードのテストケース

生成されたコードと Simulink® ブロックから、または、Stateflow® チャートで呼び出される C/C++ コードのカバレッジを高めるためのテストケースを生成します。

C コードを呼び出すモデルのテストの生成。

要求に基づく検証

MATLAB、Simulink、および Stateflow を使用して表現された形式的要件を検証します。

安全要件

MATLAB®、Simulink、および Stateflow を使用して表現する形式的に定義された安全要件に従って設計が挙動することを検証します。

バリアントモデルの簡略化

バリアント リデューサーを使用して、有効な構成のサブセットの簡略化モデルを生成します。

配布モデルの簡略化

マスター バリアント モデルを詳しく検証した後、バリアント リデューサーを使用して、有効な構成のサブセットの簡略化モデルを生成します。すべての関連ファイルと変数の依存関係も削減されます。削減後の成果物は、容易に配布でき、顧客やパートナーと容易に共有できるように、個別のフォルダーにパッケージ化されます。

簡略化モデルの作成。