ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 入門

チュートリアル

  • デスクトップの基礎

    コマンド ラインでステートメントを入力し、結果を表示します。

  • 行列および配列

    MATLAB® では、主に配列や行列を全体的または部分的に操作します。行列とは線形代数で多用される 2 次元配列です。

  • 配列のインデックス

    MATLAB の変数は、通常、多くの数を保持できる配列です。配列内の特定要素にアクセスするには、インデックス付けを行います。

  • ワークスペース変数

    ワークスペースは、MATLAB で作成した変数、またはデータ ファイルや他のプログラムからインポートした変数を格納します。

  • テキストと文字

    テキストを操作するときは、一続きの文字を一重引用符で囲みます。

  • 関数の呼び出し

    MATLAB には、計算タスクを実行するための関数が数多く用意されています。関数を呼び出すには、関数の入力引数を小かっこで囲みます。

  • 2 次元および 3 次元プロット

    グラフィックス関数にはデータを可視化して結果を表現するための 2 次元および 3 次元プロット関数が含まれます。

  • プログラミングとスクリプト

    最も単純なタイプの MATLAB プログラムはスクリプトと呼ばれます。スクリプトには、一連のコマンドや関数呼び出しが含まれています。

  • ヘルプとドキュメンテーション

    すべての関数には対応するドキュメンテーションが例と共に提供されており、関数の入出力や呼び出し構文が説明されています。

  • 行列と魔方陣

    行列の入力、行列演算の実行、行列要素へのアクセス


  • 変数、数字、演算子、関数、方程式での使用について

  • コマンドの入力

    出力形式の変更、出力の抑制、長いコマンド ラインの入力、およびコマンド ラインの編集について

  • インデックス

    行列要素へのアクセス、連結による行列の作成、行列の行と列の削除

  • 配列のタイプ

    多次元配列、cell 配列、文字およびテキスト データ、構造体を使った作業

  • 線形代数

    このトピックでは、MATLAB で行列を作成し、基本的な行列演算を行う方法を紹介します。

  • 非線形関数の演算

    任意の MATLAB 関数にハンドルを作成し、関数を参照するための手段としてそのハンドルを使用することができます。

  • 多変量データ

    MATLAB は、多変数統計データに対して列方向の解析を行います。

  • データ解析

    基本的なデータ解析の設定方法

  • 基本プロット関数

    プロットの作成と変更のためのプロット関数の利用

  • メッシュ プロットと表面プロットの作成

    2 変数関数の可視化

  • イメージの表示

    イメージでの作業。

  • グラフィックスの印刷

    Figure の印刷とエクスポート

  • グラフィックス オブジェクトの取り扱い

    2 変数関数の可視化

  • フロー制御

    ifswitchcaseforwhilecontinuebreak を含めたフロー コントロールの利用

  • スクリプトと関数

    スクリプトと関数の記述、グローバル変数の使用、関数への文字引数の引き渡し、テキスト表現を評価する eval の使用、コードのベクトル化、配列の事前割り当て、ハンドルを使った関数のリファレンス、関数を操作する関数の使用。

オンライン学習

ビデオ