ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキストと文字

string 配列内のテキスト

テキストを操作するときは、一続きの文字を二重引用符で囲みます。テキストは変数に割り当てることができます。

t = "Hello, world";

テキストに二重引用符が含まれている場合、定義内で 2 つの二重引用符を使用します。

q = "Something ""quoted"" and something else."
q = 

    "Something "quoted" and something else."

すべての MATLAB® 変数と同様に、tq は配列です。それらの "クラス"、すなわちデータ型は、string です。

whos t
  Name        Size            Bytes  Class     Attributes
  t           1x1               174  string   

メモ

二重引用符による string 配列の作成は、R2017a で導入されました。以前のリリースを使用している場合は、文字配列を作成してください。詳細については、文字配列内のデータを参照してください。

string の末尾にテキストを追加するには、加算演算子 + を使用します。

f = 71;
c = (f-32)/1.8;
tempText = "Temperature is " + c + "C"
tempText = 
"Temperature is 21.6667C"

数値配列と同様に、string 配列は複数の要素をもつことができます。配列内の各 string の長さを確認するには、関数 strlength を使用します。

A = ["a","bb","ccc"; "dddd","eeeeee","fffffff"]
A = 
  2×3 string array
    "a"       "bb"        "ccc"    
    "dddd"    "eeeeee"    "fffffff"
strlength(A)
ans =

     1     2     3
     4     6     7

文字配列内のデータ

文字は、DNA 配列など、テキストに対応しないデータを表すことがあります。このようなタイプのデータは、データ型が char である文字配列に格納することができます。文字配列には一重引用符を使用します。

seq = 'GCTAGAATCC';
whos seq
  Name      Size            Bytes  Class    Attributes
  seq       1x10               20  char               

配列の各要素は単一の文字を格納します。

seq(4)
ans = 
    'A'

数値配列を連結する場合と同様に、大かっこを使用して文字配列を連結します。

seq2 = [seq 'ATTAGAAACC']
seq2 =
    'GCTAGAATCCATTAGAAACC'

文字配列は、string 配列の導入前のプログラムで一般的に記述されています。string データを受け入れるすべての MATLAB 関数は char データも受け入れます。またその逆についても同様です。