ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペース変数

"ワークスペース" には、MATLAB® で作成した変数や、データ ファイルや他のプログラムからインポートした変数が表示されます。たとえば、次のステートメントによってワークスペースに変数 A と変数 B が作成されます。

A = magic(4);
B = rand(3,5,2);

ワークスペースの内容は whos を使用して表示することができます。

whos
  Name      Size             Bytes  Class     Attributes

  A         4x4                128  double              
  B         3x5x2              240  double              

変数は、デスクトップの [ワークスペース] ペインにも表示されます。

ワークスペース変数は MATLAB の終了後は保持されません。後で使用できるようにデータを save コマンドで保存してください。

save myfile.mat

これによって、ワークスペースは、.mat という拡張子をもつ圧縮ファイル (MAT ファイル) として現在の作業フォルダーに保存されます。

すべての変数をワークスペースからクリアするには、clear コマンドを使用します。

load を使用すると MAT ファイルからワークスペースにデータが復元されます。

load myfile.mat