Image Acquisition Toolbox

業界標準ハードウェアから画像とビデオを収集

Image Acquisition Toolbox™ には、カメラを MATLAB® および Simulink® に接続するための関数とブロックが用意されています。これには、ハードウェアのプロパティを対話的に検出して設定できる MATLAB アプリが含まれています。そして、同じ処理を行う MATLAB コードを生成して今後の収集を自動化できます。このツールボックスでは、ループ内での処理、ハードウェアトリガー、バックグラウンド収集、複数デバイス間での収集の同期などの収集モードを使用できます。

Image Acquisition Toolbox は、USB3 Vision、GigEVision®、GenICam™GenTL など、すべての主要な規格とハードウェアベンダーをサポートしています。マシンビジョンカメラ、フレームグラバー、さらにハイエンドの科学機器や産業機器に接続できます。

詳細を見る:

画像およびビデオ取得用アプリ

Image Acquisition Tool を使用して、画像データを調査、設定、収集します。

デバイスの設定

デバイスを選択して、トリガーあたりのフレーム数、色空間、関心領域、デバイス固有のプロパティなどの収集パラメーターを設定します。

画像およびビデオのログ記録

画像のプレビュー、画像の取得、MAT ファイル、MATLAB ワークスペース、VideoWriter、または他の出力先への収集したデータのエクスポートを行います。

画像をプレビュー、収集、エクスポートします。

自動運転

センサーフュージョン、機械学習、およびディープラーニングのアルゴリズムで使用するための画像を取得します。 歩行者検知、車線追跡、障害物回避などの ADAS システムを開発します。

ビジョンベースの ADAS システム

セマンティック セグメンテーションや他の機械学習技術に使用できる画像とビデオを収集して、ADAS システムを開発およびテストします。

産業用画像処理

制御および解析のためにビジョンベースの検証を実行する産業用システムを設計します。

自動検証

画像を収集して処理し、データを同期して、検証結果を可視化することで、検証システムを自動化する処理をすべて MATLAB から行えます。

科学用画像処理

科学用カメラに接続して画像を収集し、科学研究を行い、画像処理アルゴリズムを開発します。

リアルタイムでの血流の拡張現実投影。

神経科学

神経画像および顕微鏡検査の研究を実施します。

時間経過に伴うシナプス伝達を監視します。

画像処理システムの設計

画像処理システムの設計で使用するために、デバイスから画像やビデオを直接取得します。

Simulink ブロックとコード生成

ライブビデオのデータを Simulink モデルに取り込み、画像処理システムで統合するためのコードを生成します。

FLIR が開発したサーマル イメージング FPGA 用フィルター。

画像処理ハードウェア

光学カメラ、深度カメラ、赤外線カメラ、ステレオカメラ、X 線検出器、3D レーザー ライン プロファイル スキャナーなどに接続します。

光学カメラ

FLIR/Point Grey、Baumer、Basler、Allied Vision など、さまざまな商用デバイスのメーカーのカメラやフレームグラバーを使用して、光学画像を収集します。

Hardware support from Image Acquisition Toolbox.

深度カメラ

Microsoft® の Kinect® for Windows® などの 3D 深度カメラから、深度画像および骨格データを収集します。

熱赤外カメラ

赤外線カメラから熱画像を収集して解析します。

画像処理の規格

一般的なインターフェイス規格に準拠した Image Acquisition Toolbox を使用します。

GenICam GenTL

USB3 Vision、GigE Vision、IEEE® 1394 DCAM / IIDC インターフェイスを搭載した、さまざまな GenICam GenTL 準拠のカメラから画像を収集します。

GenICam GenTL のサポート。

GigE Vision

GigE 固有の機能をサポートするインターフェイスを使用して、GigE Vision カメラから画像を収集します。

Camera Link

Camera Link® のフレームグラバーやさまざまなメーカーのカメラから画像を収集します。ラインスキャンカメラや産業用マシン ビジョン センサーなどのデバイスから、データを MATLAB および Simulink にストリーミングします。

Camera Link のサポート。

トリガーおよび収集のカスタマイズ

特定のイベントで実行するように、収集をカスタマイズします。高速のフレーム取得と非同期収集を実行します。

トリガー

内部または外部のイベントやソースからの収集をトリガーします。

トリガーごとに複数のフレームを平均化して作成された画像。

アプリ、コールバック、イベント

イベントのコールバックを使用して、イベントに応答する形で処理を実行します。応答性の高いカスタムアプリにコールバック関数を統合します。MATLAB Compiler™ でアプリを配布して、MATLAB がインストールされていないシステムで実行できます。

ライブヒストグラム表示機能付きのカスタムアプリ。

バックグラウンド収集

バックグラウンドで連続的に画像データを収集して処理します。

データのメモリへのログ記録。

新機能

Velodyne LiDAR のサポート

ライブ LiDAR 点群の MATLAB またはディスクへのストリーミング

FLIR Spinnaker のサポート

FLIR Spinnaker 対応のカメラから画像と動画を取得

Hamamatsu カメラ

ORCA-Flash4.0 カメラのサポート

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。