Simulink Coverage

モデルおよび生成コードのテストカバレッジを測定

Simulink Coverage™ は、モデルおよびコードカバレッジ解析を実行することで、モデルおよび生成コードのテストの網羅率を測定します。判定、条件、改良条件判定カバレッジ (MC/DC)、関係演算子境界カバレッジなどの業界標準メトリクスを適用し、モデル、ソフトウェアインザループ (SIL)、およびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション テストの有効性を評価します。未達カバレッジデータを利用し、テストのギャップ、欠落した要件、意図しない機能を検出することができます。

Simulink Coverage は、モデル、C/C++ S-Function、MATLAB® 関数、Embedded Coder® によって生成されたコードがどの程度実行されたかを示す対話型のレポートを生成します。ブロックおよびサブシステムのカバレッジ結果を強調表示することで、テストのギャップを可視化できます。複数のテスト実行からのカバレッジデータを集計するほか、単体テストとシステムテストで達成されたカバレッジを表示して、テストの網羅率を評価することができます。カバレッジ結果は、要件とテストまでを追跡することができます。フィルターを適用することで、カバレッジからブロックを除外したり、レポート内で未達カバレッジを正当化したりすることも可能です。

DO Qualification Kit や IEC Certification Kit によって業界標準の対応が可能です。

詳細を見る:

モデルカバレッジとコードカバレッジの測定

シミュレーション中に実行されたモデル要素および C/C++ コードを測定することでテストの網羅率を評価します。

モデルカバレッジ

テストの有効性と網羅率を評価するためにシミュレーション テストによって設計がどの程度カバーされたかを測定します。要件ベースのテスト中に収集されたカバレッジを解析して、テストのギャップ、未達成の要件、意図しない機能性がないかを判断します。

コードカバレッジ

S-Function、Stateflow® チャートおよび C Caller ブロックを使用する Simulink モデル内から呼び出されるコード、または、ソフトウェアインザループ (SIL) およびプロセッサインザループ (PIL) テストによってEmbedded Coder で生成されたコードのカバレッジを測定します。

C Caller ブロックから呼び出されたコードのカバレッジの表示

カバレッジメトリクス

判定、条件、MC/DC、関係演算子の境界、および信号範囲などのさまざまなメトリクスのモデルおよびコードカバレッジを測定します。

MC/DC を含む各種カバレッジメトリクスから選択。

結果の調査とレポートの生成

複数のシミュレーション実行にわたるカバレッジ結果を累積してレポートを生成し、未達カバレッジを調整します。

累積されたカバレッジ結果の管理と表示

複数のシミュレーションからカバレッジを集計します。単体テストで達成されたシステム テスト カバレッジを表示します。

単体テストとシステムテストのカバレッジ結果を解析します。

カバレッジレポートの生成

選択されたメトリクスに関する累積カバレッジ結果を含む詳細なレポートを生成します。モデル要素とテストの要件トレーサビリティの詳細を表示します。

カバレッジレポートで要件のトレーサビリティ データを表示します。 

未達カバレッジの調整

モデルにはフル テスト カバレッジを妨げる構成要素が含まれる場合があります。このような構成要素をカバレッジの記録やレポートからフィルター処理することにより、テストが可能であり、かつテストが必要な未達カバレッジの他の要因に集中できます。

フィルターエディターでカバレッジ フィルター規則を追加します。