Main Content

未達カバレッジに対処

カバレッジ結果をフィルター処理し、ギャップに対処する

テストする設計のさまざまな面にカバレッジ結果を絞り込むには、フィルターを使用して要素を除外するか、実行する予定のない達成されない結果を正当化します。残りのカバレッジ ギャップは、不十分なテスト、不足している要件、または正しくない実装を示している可能性があります。これらのカバレッジ ギャップに対処するためには、追加のテストを作成するか、既存のテストを拡張するか、要件を調整するか、モデルを編集します。

クラス

slcoverage.BlockSelectorSelect blocks for coverage filter
slcoverage.CodeSelectorSelect custom C or C++ code for coverage filter
slcoverage.Filterカバレッジ フィルター セット
slcoverage.FilterRuleCreate coverage filter rule
slcoverage.MetricSelectorSelect metric criterion for coverage filter
slcoverage.Selectorすべてのタイプのセレクターの取得
slcoverage.SFcnSelectorSelect S-function criterion for filtering rule

トピック

カバレッジ結果の除外または正当化

テストおよび要件のギャップに対処