Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ対象からフィルターで除外されるモデル オブジェクト

モデル内のオブジェクトのうち、カバレッジの記録対象からフィルターにより除外できるオブジェクトは次のとおりです。

  • カバレッジの対象となる Simulink® ブロック (MATLAB Function ブロックを含む)

  • サブシステムとその内容。サブシステムをカバレッジの記録対象から排除すると、そのサブシステム内のどのオブジェクトについてもカバレッジは記録されません。

  • 個々のライブラリにリンクされたブロックまたはチャート

  • ライブラリにリンクされているすべての参照ブロック

  • Stateflow® チャート、サブチャート、ステート、遷移、イベント

カバレッジの対象となるすべてのモデル オブジェクトの一覧は、カバレッジの対象となるモデル オブジェクトを参照してください。