ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

検証と確認

Simulink® 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証

開発全体を通してモデルとコードを検証すると、実装されているシステムの信頼度が向上します。Simulink Check™Simulink Coverage™Simulink Requirements™Simulink Design Verifier™Simulink Test™、および Polyspace® は、モデルとコードの検証プロセスをサポートします。開発の早期に、高水準のシステム モデルを作成し、要件ドキュメントにリンクできます。このシステム モデルは、実行可能な仕様として、また、より詳細なモデルの基礎としての役割を果たすことができます。ユーザー インターフェイスまたはプラント ハードウェアに接続されているシステム プロトタイプを実行することにより、要件を検証します。

モデル検証では、標準に対するチェック、設計エラーの有無のチェック、プロパティの証明を行い、シミュレーションを実行して期待される出力と結果が一致することを示します。カバレッジ測定は、テストがモデルを実行した範囲を示します。生成されたコードに関しては、同じテストを実行してコードとモデルの等価性を示します。

生成されたコードと手書きコードは、同様の検証プロセスに従います。モデルまたはコード カバレッジを測定して、コードのテスト範囲を特定します。コードにエラーがないかチェックし、標準への準拠をチェックして、コード メトリクスを解析します。テストを追加し、システムを調整し、要件を調整することで、設計が完全に機能し、意図しない動作が発生せずに十分テストされた状態になります。

トピック

要件に対するモデルのテストと結果のレポート

詳細な要件にモデルを関連付け、トレーサビリティを示し、要件に対してテストを行います。

標準への準拠と設計エラーに関するモデルの解析

設計エラーを検出して解決し、標準に対してチェックを行い、機能の依存関係を解析して、プロパティを証明します。

機能テストの実行とテスト カバレッジの解析

機能の依存関係の解析、モデル コンポーネントの単独でのテスト、テスト ケースのスイートの作成、モデルとコードのテストによるカバレッジの達成を行います。

コードの解析とソフトウェアインザループのテスト

コード エラーの検出、コード メトリクスの生成、コードとモデルの等価性のテスト、要件に対するコードのテストを行います。