Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

標準への準拠と設計エラーに関するモデルの解析

標準と解析の概要

モデルの開発中に、モデルをチェックして解析し、品質の信頼度を向上させます。MAB スタイル ガイドラインや、DO-178、ISO 26262 といった高信頼性システムの設計ガイドラインなどの標準に対してモデルをチェックします。モデルを解析して、エラー、デッド ロジック、必要なプロパティに違反する条件の有無を確認します。解析結果を使用して、モデルおよびドキュメントの例外を更新します。カスタマイズ可能なテンプレートを使用して結果をレポートします。

モデルにおけるスタイル ガイドラインの違反や設計エラーのチェック

この例では、モデル アドバイザーを使用して、クルーズ コントロール モデルにおける MathWorks® Advisory Board (MAB) スタイル ガイドライン違反や設計エラーをチェックする方法を説明します。チェックを選択してモデルの解析を実行します。モデル アドバイザーを使用して問題を繰り返しデバッグし、チェックを再度実行して準拠していることを検証します。選択したチェックにパスしたら、結果をレポートします。

MAB スタイル ガイドライン違反に関するモデルのチェック

モデル アドバイザーでは、モデルが MAB モデリング ガイドラインに準拠していることをチェックできます。

  1. 作業フォルダー内にプロジェクトのコピーを作成します。コマンド ラインで、次のように入力します。

    path = fullfile(matlabroot,'toolbox','shared','examples',...
    'verification','src','cruise')
    run(fullfile(path,'slVerificationCruiseStart'))

  2. モデルを開きます。コマンド ラインで、次のように入力します。

    open_system simulinkCruiseErrorAndStandardsExample

  3. [モデル化] タブで、[モデル アドバイザー] を選択します。

  4. [OK] をクリックして、[システムの階層] から simulinkCruiseErrorAndStandardsExample を選択します。

  5. Simulink® Check™ を使用して、モデルに MAB スタイル ガイドライン違反がないかどうかチェックします。

    1. 左側のペインの [製品別][Simulink Check][モデリング標準][MAB チェック] フォルダーで次を選択します。

      • [インデックス モードをチェック]

      • [モデルの診断パラメーターをチェック]

    2. [MAB チェック] ノードを右クリックし、[選択したチェックを実行] を選択します。

    3. MAB スタイル ガイドラインに違反しているコンフィギュレーション パラメーター設定を確認するには、[モデルの診断パラメーターをチェック] チェックをクリックします。解析結果が右側のペインに表示され、推奨されるアクションが含まれます。

    4. パラメーターのハイパーリンクをクリックします。これにより [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開き、モデル診断パラメーターを更新します。モデルを保存します。

    5. モデルがパスしたことを確認するために、チェックを再度実行します。必要に応じて、手順 cd を繰り返して完全に準拠させます。

    6. Simulink Check のチェックの結果レポートを生成するには、[MAB チェック] ノードを選択して、右側のペインで [レポートの生成] をクリックします。

モデルにおける設計エラーのチェック

モデル アドバイザーでは、Simulink Design Verifier™ を使用して、モデルに隠れた設計エラーがあるかどうかもチェックできます。

  1. 左側のペインの [製品別][Simulink Design Verifier] フォルダーで、[設計エラー検出] を選択します。

  2. まだチェックされていない場合は、[設計エラー検出] の横のボックスをクリックします。フォルダー内のすべてのチェックが選択されます。

  3. 右側のペインで [実行後にレポートを表示] および [選択したチェックを実行] を選択します。

  4. 生成されたレポートで、[Simulink Design Verifier の検証結果の概要] ハイパーリンクをクリックします。このダイアログ ボックスには、モデルのエラーや警告の診断に役立つツールが用意されています。

    1. モデルの解析結果を確認します。[解析結果をモデル上で強調表示] をクリックします。赤色の輪郭で表示されている Compute target speed サブシステムをクリックします。Simulink Design Verifier 結果インスペクター ウィンドウに表示される派生範囲は、発生し得る信号値を特定することで、エラーの発生源の把握に役立ちます。

    2. ハーネス モデルを確認します。または、まだ存在していない場合は作成します。

    3. テストを表示し、テスト ケースをエクスポートします。

    4. 解析レポートを確認します。詳細な解析レポートを表示するには、[HTML] または [PDF] をクリックします。

関連するトピック