Main Content

Simulink Design Verifier

設計エラーの特定、要件への準拠性の証明、およびテスト生成

Simulink® Design Verifier™形式的手法を使用することで、モデル内の隠れた設計エラーを特定します。整数のオーバーフロー、デッド ロジック、配列アクセスにおける違反、およびゼロ除算を引き起こすブロックをモデル内で検出します。設計が機能要件を満たしていることを形式的に検証できます。各設計エラーまたは各要件違反について、デバッグ用のシミュレーション テスト ケースを生成します。

Simulink Design Verifier は、モデル カバレッジおよびカスタム オブジェクティブ用のテスト ケースを生成することで、要件に基づく既存のテスト ケースを拡張します。これらのテスト ケースによりモデルは条件、判定、改良条件判定 (MCDC) およびカスタムのカバレッジ オブジェクティブを達成できます。カバレッジ オブジェクティブのほかに、カスタム テスト オブジェクティブを指定して、要件に基づくテスト ケースを自動生成できます。

業界標準には、IEC Certification Kit (IEC 61508 と ISO 26262 用) と DO Qualification Kit (DO-178 用) によって対応しています。

Simulink Design Verifier 入門

Simulink Design Verifier の基礎を学ぶ

体系的モデル検証

解析用モデル コンポーネントの特定および構成

設計エラー検出

ランタイム エラーおよびデッド ロジックの静的検出、設計範囲の導出

テスト ケースの生成

モデルからの体系的テスト ケースの生成、テスト ケースの拡張および結合による完全なテスト スイート化

要件に基づく検証

要件に対する設計の検証、解析の入力制約の指定

複雑度の管理

非互換性への対処、大規模および複雑なモデルの解析の最適化

結果の解釈および使用

解析結果のログ記録およびレビュー、レポートの生成、テスト ハーネス モデルの作成

検証と確認

Simulink 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証

ツールの検定と認定

IEC 認定に対する Simulink Design Verifier の適合