Simulink Compiler

シミュレーションをスタンドアロンの実行可能ファイル、Web アプリ、および Functional Mockup Unit (FMU) として共有

 

Simulink Compiler™ では、Simulink® シミュレーションをスタンドアロンの実行可能ファイルとして共有することができます。実行可能ファイルをビルドするには、シミュレーションのセットアップ、実行、および解析に使用するコンパイル済みの Simulink モデルと MATLAB® コードをパッケージ化します。スタンドアロンの実行可能ファイルは、MATLAB App Designer を使用して設計された、MATLAB のグラフィックスと UI を使用する完全なシミュレーション アプリにすることができます。外部シミュレーション環境でコシミュレーションを行うには、Functional Mockup Unit (FMU) 規格に準拠したスタンドアロンの Functional Mockup Unit (FMU) バイナリを生成することができます。

配布済みのシミュレーションにブラウザーベースのアクセスを付与するには、Web アプリを作成して、MATLAB Web App Server™ でホストします。他のプログラミング言語と統合するために、Simulink シミュレーションをソフトウェア コンポーネントとしてパッケージ化することができます (MATLAB Compiler SDK™ を使用)。エンタープライズ システムへの大規模な配布は、MATLAB Production Server™ がサポートしています。

Simulink から C および C++ のソースコードを生成するには、Simulink Coder™ を使用します。

今すぐ始める:

スタンドアロン シミュレーション アプリケーション

スタンドアロンアプリケーションとして、Simulink シミュレーションを共同作業者やサプライヤー、クライアントと共有します。幅広い Simulink アドオン製品 (Simscape™Stateflow™DSP System Toolbox™ など) を使用してシミュレーションを作成します。これらの製品には、固定ステップと可変ステップのソルバーがいずれも用意されています。

グラフィカル インターフェイスおよびコマンドライン インターフェイス

スタンドアロン アプリケーションは、MATLAB App Designer で設計した MATLAB のグラフィックスと UI を使用する完全なアプリにしたり、コマンドラインから実行可能な形式にしたりすることができます。

App Designer を使用してシミュレーション アプリのグラフィック UI を設計します。

ユーザー定義の入力と調整可能なパラメーター

パッケージ化するシミュレーションの入力を定義し、調整可能なパラメーターを指定します。

SimulationInput オブジェクトを使用して、シミュレーションの入力とパラメーターを定義します。

テキスト、数値、グラフィックでのシミュレーションの出力

シミュレーション結果は、MATLAB がサポートするすべての出力形式 (テキスト、数値、グラフィック形式など) を使用して表すことができます。

配布されたシミュレーション アプリでグラフィックスを使用して、シミュレーション結果を表示します。

ブラウザーベースの Web アプリ

Simulink シミュレーションを Web アプリとしてパッケージ化し、一意の URL を使用して共有します。

インストール不要のシミュレーション配布

MATLAB App Designer でシミュレーション アプリケーションを作成し、Web アプリとしてパッケージ化します。各 Web アプリには、ソフトウェアを別途インストールすることなく、ブラウザーを使用して一意の URL から直接アクセスできます。

MATLAB App Designer によって作成されたアプリケーションを Web アプリとしてパッケージ化します。

集中保守

MATLAB Web App Server を使用して、シミュレーションの Web アプリをホストします。シミュレーション Web アプリは、すぐにアクセスできるように一元的に管理および更新されています。また、ブラウザーを使用して、任意のプラットフォームから同じ Web アプリにアクセスできるため、プラットフォーム固有のコードを記述する必要はありません。

MATLAB Web App Server で Web アプリをホストして共有します。

エンタープライズ アプリケーション

多くの利用者がアクセスする多種多様な運用環境のエンタープライズ アプリケーションにシミュレーションを統合します。

言語固有のソフトウェア ライブラリを使用した統合

MATLAB Compiler SDK を使用すると、Simulink シミュレーションを C/C++ 共有ライブラリ、Java JAR、Python パッケージ、.NET DLL などの言語固有のソフトウェア コンポーネントにパッケージ化して、エンタープライズ アプリケーションから呼び出すことができます。

MATLAB Production Server を使用して、シミュレーションを運用環境の IT システムに統合します。

MATLAB Production Server API を使用した統合

MATLAB Production Server を使用してシミュレーションをホストし、C/C++、.NET、Java、Python、または RESTful インターフェイスを使用するエンタープライズ アプリケーションから呼び出すことができます。

スタンドアロン Functional Mockup Unit (FMU)

Simulink モデルからスタンドアロンのコシミュレーション FMU を作成し、サードパーティのシミュレーション環境と統合します。

サードパーティ環境での Simulink シミュレーションの実行

サードパーティのシミュレーション環境でコシミュレーションを行うには、固定ステップのスタンドアロン FMU を生成します。スタンドアロン FMU には、ソースモデルからコンパイルされたバイナリ共有ライブラリが含まれます。スタンドアロン FMU の実行には、MATLAB や MATLAB Runtime™ は必要ありません。

サードパーティ ソフトウェアを使用して、Simulink モデルをコシミュレーションするための ツールカップリングFMUを作成するには、Simulink を使用します。

スタンドアロンのコシミュレーション FMU としてシミュレーションを共有します。

構造化された I/O 信号とランタイム調整可能パラメーターの使用

Simulink モデルのランタイム調整可能パラメーターは、FMU インターフェイスのパラメーターとして保持されます。構造化パラメーターと非バーチャル バス信号は、構造化された FMU 変数名にマッピングされます。

非バーチャル バス信号は、構造化された FMU 変数名にマッピングされます。

エクスポートされた FMU の検証

テストおよび検証用に、エクスポートした FMU を Simulink に戻し、正常に動作することを確認します。

FMU の作成後に自動的に Simulink に戻すオプション。

Enabling Digital Twin Workflows

A digital twin can be an up-to-date parameterized model of an actual physical asset in operation. Using Simulink Compiler, you can tune deployed digital twin models to keep them up-to-date. You can also simulate digital twin models on Enterprise OT or IT systems for prediction, optimizing operations, anomaly detection, fault isolation, and more.

Tune Digital Twin Models

Through deployed parameter estimation using Simulink Design Optimization™, you can tune your digital twin to match the current asset condition. Use the tuned digital twin for predictive maintenance and system optimization.  

Tune deployed digital twin models to keep them up-to-date