App Designer

MATLAB を使用してデスクトップおよび Web アプリを作成する

アプリのコンポーネント

標準のコンポーネント (ボタン、チェックボックス、ツリー、ドロップダウン リストなど) に加え、App Designer では計器盤の外観と動作を再現するゲージ、ランプ、ノブ、スイッチが用意されています。2 次元および 3 次元プロット、テーブルなどを使用してアプリ内で結果を表示します。タブやパネルなどのコンテナー コンポーネントを使用してユーザー インターフェイスを整理することもできます。

アプリを作成する

App Designer では、アプリ作成における 2 つの主要なタスクである、ビジュアル コンポーネントのレイアウトとアプリの動作のプログラミングが統合されています。ビジュアル コンポーネントをデザイン キャンバス上にドラッグ アンド ドロップしたら、あとは配置のヒントを使って正確にレイアウトするだけです。アプリのレイアウトやデザインを指定するオブジェクト指向のコードが、App Designer により自動的に生成されます。その後、統合版MATLAB エディターを使用して、アプリの動作を定義できます。

GUIDE to App Designer Migration Tool を用いて既存の GUIDE アプリを App Designer に移行することができます。

Webアプリ およびデスクトップ アプリを共有する

MATLAB を所有していないユーザーも含めて、他のユーザーとアプリを共有できます。MATLAB デスクトップにアプリをインストールしたり、MATLAB Compiler を使用してスタンドアロンのデスクトップ アプリや Web アプリを作成したりすることができます。

例題およびチュートリアル

App Designer のチュートリアルを実行するか、以下の例題のいずれかを使用して今すぐ始めましょう。