App Designer

MATLAB を使用してデスクトップおよび Web アプリを作成する

App Designer を利用すると、ソフトウェア開発の専門家ではない一般のユーザーも完成度の高いアプリを作成できます。

ビジュアル コンポーネントをドラッグ アンド ドロップしてグラフィカル ユーザー インタ-フェイス (GUI) のレイアウトの設計を行い、統合されたエディターを使ってその動作をすばやくプログラミングできます。

MATLAB Drive を使用してアプリを共有するか、MATLAB Compiler を使用してスタンドアロン型のデスクトップアプリや Web アプリを作成してアプリを共有します。

App Designer は MATLAB でアプリを作成するための推奨環境です。 

アプリの作成

統合型の環境を使用して、ユーザー インターフェイスをレイアウトし、アプリの動作用のコードを記述します。

ユーザー インターフェイスを設計する

ビジュアル コンポーネントをデザインキャンバス上にドラッグ アンド ドロップし、配置のヒントを使って正確にレイアウトします。アプリのレイアウトやデザインを指定するオブジェクト指向コードが、App Designer により自動的に生成されます。

App Designer の設計ビューを使用して、アプリのユーザー インターフェイスをレイアウトします。

アプリの動作を定義する

統合版 MATLAB エディターを使用して、アプリの動作を定義します。App Designer ではコードアナライザーを使用して、コーディングの問題を自動的にチェックできます。コードに関する警告やエラーメッセージがコードを記述しているときに表示されるため、これらのメッセージに基づいてアプリを修正できます。

App Designer のコードビューを使用して、アプリの動作を定義します。

アプリのコンポーネント

App Designer で利用できる豊富なコンポーネントおよびカスタムの対話式操作を使用して、フル機能を装備した最新のアプリケーションを作成します。

コンポーネント ライブラリ

ボタン、チェックボックス、ツリー、ドロップダウンリストなどの標準のコンポーネントを使用して、アプリを作成します。App Designer には、計器盤の外観と動作を再現するゲージ、ランプ、ノブ、スイッチも用意されています。タブ、パネル、グリッドレイアウトなどのコンテナー コンポーネントを使用して、ユーザー インターフェイスを整理することもできます。

App Designer のコンポーネント ライブラリを使用すると、コンポーネントをアプリに簡単にドラッグ アンド ドロップできます。

コンポーネントの対話式操作

ユーザーがアプリを操作するときに実行する、コンポーネントのコールバックと、マウスおよびキーボードのカスタム対話式操作を追加します。アプリ内で 2 次元および 3 次元のプロットやテーブルを使用することで、ユーザーはデータを対話的に参照することができます。

階層ツリーを使用して患者の情報を表示する App Designer 内のアプリの例。

アプリを作成する

App Designer では、アプリ作成における 2 つの主要なタスクである、グラフィカル ユーザー インタ-フェイス (GUI) のビジュアル コンポーネントのレイアウトと、アプリの動作のプログラミングが統合されています。ビジュアル コンポーネントをデザインキャンバス上にドラッグ アンド ドロップしたら、あとは配置のヒントを使って正確にレイアウトするだけです。アプリのレイアウトやデザインを指定するオブジェクト指向コードが、App Designer により自動的に生成されます。その後、統合版 MATLAB エディターを使用して、アプリの動作を定義できます。

GUIDE to App Designer Migration Tool を使用して、既存の GUIDE アプリを App Designer に移行できます。 

アプリの共有

MATLAB を所有していないユーザーも含めて、他のユーザーとアプリを共有できます。

他の MATLAB ユーザーとアプリを共有する

MATLAB アプリを 1 つのファイルにパッケージ化し、MATLAB デスクトップおよび MATLAB Online を使用して、このファイルを他のユーザーと簡単に共有できます。アプリをパッケージ化すると、MATLAB では単一のアプリ インストール ファイル (.mlappinstall) が作成されます。このインストールファイルにより、アプリをパッケージ化したユーザーと他のユーザーは、アプリをアプリギャラリーからシングルクリックでインストールしてアクセスできます。

その後、MATLAB Online および MATLAB Drive を介して他の MATLAB ユーザーとアプリを共有することができ、ファイルを編集する権限を拡張することによって、他のユーザーはアプリ設計の実行およびコラボレーションを行うことができます。 

パッケージ化されたアプリを作成して他の MATLAB ユーザーと共有します。

スタンドアロンのデスクトップアプリおよび Web アプリを作成する

MATLAB Compiler を使用してスタンドアロン アプリケーションを作成し、他のユーザーと無償で共有します。アプリは Web アプリとしてパッケージ化でき、一意の URL を使用して共有できます。共有することで、ユーザーは追加のソフトウェアをインストールすることなく、ブラウザーからアプリに直接アクセスできるようになります。

Web アプリコンパイラによって、一意の URL を使用してアプリを別のユーザーと共有できます。

新機能

画像コンポーネント

uiimage 関数を使用して、アプリ内および App Designer キャンバス上に画像を表示

リフロー用アプリ

さまざまなデバイス上で、使用可能な画面スペースに基づいて自動的にサイズ変更およびリフローする 2 パネルアプリと 3 パネルアプリを作成

自動サイズ変更

アプリのサイズを小さくしたときに自動でコンポーネントのサイズを変更するアプリを作成

テーブル データ パフォーマンス

より高速なデータのレンダリングと、uitable 関数を使用したときのテーブルの対話型でのソートに table 配列を使用

グリッド レイアウト マネージャー

App Designer キャンバスでグリッド レイアウト マネージャーの追加と設定

データ参照

uifigure 関数を使用して作成されたアプリで座標軸ツールバーとデータヒントを使用してデータを参照

これらの機能やそれに対応する関数の詳細については、リリースノートをご覧ください。