MATLAB ライブエディター

コード、出力、書式設定されたテキストを、実行可能なノートブックにまとめるスクリプトを作成しましょう。

実行可能なノートブックを作成する

コード、出力、書式設定されたテキストが一纏めのスクリプトを作成しましょう。コードを、管理しやすい、個別に実行できるセクションに分割します。コードが生成した出力や可視化された情報は、コードの横に表示されます。書式設定されたテキスト、見出し、画像、ハイパーリンクを使用して、コードや結果の品質を高めることもできます。対話型の数式エディターを使用するか、LaTeX を使用して数式を作成します。コード、結果、書式設定されたテキストを、一つの実行可能な文書に保存します。

ライブエディターは、MATLAB® および MATLAB Online™ で使用できます。

作業を共有する

対話制御を追加して、他の人があなたのコードのパラメーターを使って実験できるようにしましょう。コードを非表示にして、シンプルなアプリケーションとダッシュボードを作成することもできます。ライブスクリプトは、HTML、PDF、LaTeX、Microsoft Word として出力できます。書式設定されたテキスト、画像、ハイパーリンク、数式を使用して、ライブ関数の文書を作成しましょう。また、MATLAB Online と MATLAB Drive™ で文書を共有しましょう。

より迅速に結果を出す

MATLAB では、関数の引数やファイル名など、コンテキストヒントを使用してコードの記述をサポートします。また、対話型ツールを使用して、出力の図やテーブルを調査することができます。次に、画面上で行った変更を再現するコードを自動的に生成できます。コードのブロックを選択して、再利用可能な関数を作成しましょう。完全に統合されたデバッガを使用して、コードをトラブルシューティングすることもできます。

対話的に手順を完了する

ライブエディターのタスクを使用して、分析の手順を完了させましょう。対話的にパラメーターやオプションを変更して、すぐにその影響を知ることができます。また、スクリプトで、完了したタスクやプレビューのコードを生成しましょう。最後に、共有したり後で使用したりするため、ライブエディターのタスクをライブスクリプトの一部として保存します。

ライブスクリプトを使用した授業

説明文、数式、コード、結果を組み合わせた魅力的な講義を作成します。トピックは 1 セクションずつステップ実行でき、概念を示すために、その場でコードを修正して実行することもできます。エンジニアが数学を活用して、実践的かつ複雑な問題を解決する方法を示す例を作成しましょう。MATLAB コードを含むライブ スクリプトを作成して受講者への課題に使用することで、受講者が自主的に探索および学習ができます。

関連情報

以下のビデオと例を確認して今すぐ始めましょう。

MATLAB ライブ スクリプト ギャラリーにアクセスして、コミュニティーで作成された例を開き、実行してみましょう。