MATLAB®,では 他プログラミング言語で作成されたレガシ コードの再利用、MATLAB の解析機能を実装した応答性の高い Web サイトの作成、MATLAB から自動生成されエラーのない組み込み用C コードを使用してハードウェアのプログラミングを行うことができます。異なるプログラミング言語を使用するチームが協調しやすくなり、別の言語で再コーディングするための時間を減らしながら、製品の開発にかける時間を増やすことができます。

MATLAB は他言語との柔軟な双方向の統合機能を提供します

MATLAB は、次のような他プログラミング言語との柔軟な双方向の統合機能を提供します。


他言語からの MATLAB の呼び出し

MATLAB エンジン API を使用すると、MATLAB を別のプログラミング環境で使用できます。API を使用すると、MATLAB のデスクトップ セッションを開始せずに、プログラミング言語内から MATLAB コマンドの実行が可能になります。MATLAB エンジン API は、以下の言語で利用可能です。

これらの言語を使用した MATLAB の呼び出し– ドキュメンテーション


他言語で作成されたライブラリの MATLAB からの呼び出し

別のプログラミング言語の関数やオブジェクトがある場合、それらを MATLAB から呼び出すことができます。MATLAB ドキュメンテーション「外部インターフェイスの呼び出し」では、これらのコンポーネントを呼び出す方法について説明しています。R2015b 以降のバージョンでは、以下のプログラム コンポーネントを MATLAB 内から呼び出すことができます。


MATLAB コードの C/C++ への変換

MATLAB Coder™ を使用して MATLAB アルゴリズムを C/C++ コードに変換できます。生成された C コードは可読性が高く移植可能であり、ほとんどの MATLAB 言語とさまざまなツールボックスをサポートしています。詳細については、MATLAB Coder を確認するか、Web セミナー「MATLAB から C への移植を簡単に」をご覧ください。

Embedded Coder® を使用して MATLAB Coder の機能を拡張し、Simulink Coder™ を使用して Simulink からコードを生成することができます。

C/C++ 以外のプログラミング言語で作業している場合、MATLAB Compiler SDK™ を使用して MATLAB コードを使用できます。C/C++との連携においてMATLAB Coder と MATLAB Compiler SDKのどちらを使用するかは、ワークフローや、移植可能なスタンドアロン コードにする必要があるかどうかなどの要件によって異なります。最適なソリューションの選択を支援するガイダンスをご覧ください。


MATLAB プログラムのソフトウェア コンポーネントとしてのパッケージ化

MATLAB プログラムは言語固有のソフトウェア コンポーネントにパッケージ化できるため、一般的なプログラミング言語との統合が可能になります。これらのコンポーネントをカスタム アプリケーションに統合して、デスクトップ、Web およびエンタープライズ システムに実装できます。

このオプションは、エンド ユーザーが MATLAB を所有していない場合に便利です。ソフトウェア コンポーネントは MATLAB Compiler SDK を使用して作成され、ロイヤリティフリーで配布できます。

次の言語コンポーネントが MATLAB コードから生成できます。


複数の統合アプローチの使用

上記の各セクションで、MATLAB と他のプログラミング言語とを統合するためのさまざまな可能性について説明していますが、多くのユーザーは複数のアプローチを組み合わせてニーズに応じたソリューションを使用します。複雑なワークフローを可能にするための複数のオプションが用意していますが、MathWorks Consulting Services もまたユーザーの統合プロジェクトをさらに支援できます。