ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java 用 MATLAB API

MATLAB® と連携して動作する Java® プログラムの記述

Java プログラムから同期的または非同期的に MATLAB 関数を呼び出し、MATLAB ステートメントを評価します。Java プログラムは、MATLAB ベース ワークスペースとの間でデータの受け渡しを行うことができます。エンジンは、JDK™ 7 以降のバージョンでビルドされた Java アプリケーションをサポートします。

Java 関数を MATLAB から呼び出す方法については、Java ライブラリ関数の呼び出しを参照してください。

関数

すべて展開する

matlab.engine.shareEngine実行中の MATLAB セッションを共有セッションに変換
matlab.engine.engineName共有 MATLAB セッションの名前を返す
matlab.engine.isEngineSharedMATLAB セッションが共有されているかどうかの判別

クラス

すべて展開する

com.mathworks.engine.MatlabEngineMATLAB を計算エンジンとして使用する Java クラス
com.mathworks.matlab.types.ComplexMATLAB との間で複素数データを相互に渡す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.StructMATLAB struct を MATLAB との間で相互に渡す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.CellStrchar ベクトルの MATLAB cell 配列を表す Java クラス
com.mathworks.matlab.types.HandleObjectMATLAB ハンドル オブジェクトを表す Java クラス

トピック

入門

Java 用の MATLAB エンジン API

この API により、Java プログラムが MATLAB を計算エンジンとして使用できるようになります。

Java エンジン プログラムのビルド

環境変数と Java クラス パスを設定し、Java コードをコンパイルして実行します。

Java のソース コード例

これらの例では、Java 用の MATLAB エンジン API の使用方法を説明します。

Java エンジン API の概要

Java エンジン API の概要

Java 用の MATLAB エンジン API の使用に利用できるクラスとメソッドの概要を示します。

Java データ型の変換

MATLAB エンジン API では、Java データ型を MATLAB に渡し、MATLAB データ型を Java に渡すマッピングが提供されています。これには、MATLAB のハンドル オブジェクト、cellstr、構造体および複素数配列を扱う Java クラスも含まれます。

JavaMATLAB エンジン API の使用

Java からの MATLAB セッションの開始と終了

Java エンジン セッションを同期的または非同期的に開始します。起動オプションを MATLAB に渡すことができます。

実行中の MATLAB セッションへの Java の接続

共有セッションとして開始された、または共有セッションに変換された実行中の MATLAB セッションに、Java エンジンを接続します。

Java からの MATLAB 関数の実行

Java 変数を MATLAB 関数の呼び出しに渡し、値を Java に返します。

Java からの MATLAB ステートメントの評価

MATLAB 式を Java から評価し、変数を MATLAB ベース ワークスペースに書き込みます。

Java から MATLAB への変数の引き渡し

変数を Java から MATLAB に関数の引数として渡すか、これらの変数を MATLAB ベース ワークスペースに配置します。

MATLAB から Java への変数の引き渡し

MATLAB ワークスペースから変数を取得して、適切な Java タイプにマッピングします。

MATLAB コマンド ウィンドウの出力を Java にリダイレクト

MATLAB コマンド ウィンドウからの標準出力を Java にリダイレクトします。

Java 専用の MATLAB データ型

複素変数 Java の使用

Complex クラスを使用して Java で複素数を定義します。

Java での MATLAB 構造体の使用

Struct クラスを使用して、Java で MATLAB 構造体のデータ型を定義します。

MATLAB への Java CellStr の引き渡し

Java CellStr クラスを使用して、文字ベクトルの MATLAB cell 配列を定義します。

Java での MATLAB ハンドル オブジェクトの使用

Java HandleObject クラスを使用して、MATLAB ハンドル オブジェクトを Java に返します。

Java からの MATLAB 機能の使用

Java からの Simulink シミュレーションの実行

Simulink® シミュレーションを実行して、結果を Java に返すことができます。

トラブルシューティング

MATLAB エンジン API の例外

Java 用の MATLAB エンジン API は MATLAB 用の特定的な例外クラスを定義します。

MATLAB への Java 配列引数の引き渡し

MATLAB と Java では多次元配列の表示が異なりますが、配列要素へのインデックス付きの参照により同じ結果が生成されます。

正しくない出力引数の数

MATLAB 関数を出力引数なしで、または複数の出力引数を使って呼び出す場合は、エンジンの feval メソッドの呼び出しでその数を指定しなければなりません。

正しくない Java データ型

場合によっては、呼び出す MATLAB 関数の要件に対応するよう、特定の MATLAB 型へと変換しなければなりません。