ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

正しくない出力引数の数

既定では、feval メソッドと fevalAsync メソッドは MATLAB® 関数を呼び出す際に 1 つの出力引数を要求します。一部の MATLAB 関数では、要求される出力引数の数によって異なる動作をします。以下のように、最初の入力引数を使用して、必要な出力引数の数を指定します。

  • 出力なしで関数を呼び出す場合は、最初の引数に 0 を指定します。

  • 複数の出力を指定して関数を呼び出す場合は、その数を正確に指定します。

たとえば、MATLAB 関数 disp は出力引数を返しません。次の disp の呼び出しでは、出力引数が 1 つ要求されます。

engine.feval("disp", 100);
Error using disp
Too many output arguments.

出力引数の数を 0 と明示的に指定しなければなりません。

engine.feval(0, "disp", 100);

関連するトピック