ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.engine.shareEngine

実行中の MATLAB セッションを共有セッションに変換

説明

matlab.engine.shareEngine は、現在の MATLAB® セッションを既定名の共有セッションに変換します。既定の名前は 'MATLAB_<process_ID>' です。ここで <process_ID> は、現在の MATLAB セッションのプロセス ID を示す数値です。

matlab.engine.shareEngine(name) は、現在の MATLAB セッションを共有セッションに変換し、指定した名前を付けます。

ローカル マシン上に指定した名前をもつ共有 MATLAB セッションが既に存在する場合、matlab.engine.shareEngine は現在のセッションを共有セッションに変換して既定の名前を付けます。

すべて折りたたむ

現在の MATLAB セッションを、既定の名前が付いた共有セッションに変換します。

matlab.engine.shareEngine
matlab.engine.engineName
ans =

MATLAB_49593

matlab.engine.shareEngine は共有セッションに MATLAB_49593 という既定名を付けます。49593 は、MATLAB セッションのプロセス ID です。プロセス ID は MATLAB を起動するたびに更新されます。

現在の MATLAB セッションに名前を付け、セッションを共有します。

matlab.engine.shareEngine('Engine_1')
matlab.engine.engineName
ans =

Engine_1

入力引数

すべて折りたたむ

共有 MATLAB セッションの名前。文字配列または string として指定します。name は有効な MATLAB 変数名でなければなりません。有効な名前の詳細については、変数名を参照してください。

データ型: char | string

ヒント

MATLAB 起動オプションを使って共有セッションを開始することもできます。共有 MATLAB セッションを開始するには、オペレーティング システムのプロンプトで次のコマンドを入力します。

matlab -r "matlab.engine.shareEngine"

R2015b で導入