Main Content

MATLAB での C++

MATLAB® から C++ ライブラリの機能を直接呼び出すか MATLAB 関数を呼び出す最新の C++ プログラムを作成する

C/C++ と MATLAB を接続する方法はいくつかあります。

  • 共有ライブラリ — 機能をエクスポートする C または C++ 共有ライブラリがある場合、そのライブラリに MATLAB インターフェイスをビルドしてパッケージ化し、MATLAB ユーザーと共有できます。詳細については、MATLAB からの C++ の呼び出しを参照してください。

  • C++ からの MATLAB へのアクセス — MATLAB を起動し、引数をもつ MATLAB 関数を評価し、MATLAB と C++ プログラム間でデータを交換する C++ プログラムを作成するには、C++ 用の MATLAB エンジン API を使用します。詳細については、C++ からの MATLAB の呼び出しを参照してください。MATLAB データを使用するには、C++ 用の MATLAB データ APIを参照してください。

  • MATLAB (MEX ファイル) からの C++ コードの実行 — C++ プログラムの効率性を備え、かつ MATLAB から外部関数および外部ライブラリにアクセスできる MATLAB 関数を作成するには、C++ MEX API を使用します。詳細については、MATLAB (MEX ファイル) から呼び出せる C++ 関数の記述を参照してください。

一部の既存のコードは関数 loadlibrary を呼び出すか、C 行列 APIを含める C インターフェイスを使用しますが、これらのインターフェイスでは C++ 言語サポートが制限されています。このようなコードを維持する必要がある場合は、MATLAB からの C の呼び出しを参照してください。

カテゴリ