Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C++ ライブラリ

C++ ライブラリの機能を MATLAB® から直接呼び出す

別のアプリケーションからの呼び出しが可能な機能をエクスポートする C++ 共有ライブラリがある場合、それらのクラスと関数を直接 MATLAB で使用することができます。まず、MATLAB での機能の呼び出しに使用するために、C++ ライブラリに対するインターフェイスを作成しなければなりません。このインターフェイスの作成者は、"パブリッシャー" と呼ばれます。インターフェイスをパッケージ化して、MATLAB の "エンド ユーザー" と共有できます。

MATLAB で C++ ライブラリの機能を呼び出すには、プリビルドのインターフェイスを使用します。

C 共有ライブラリの関数を呼び出すには、関数 calllib を使用します。詳細については、C ライブラリを参照してください。この機能は、C 専用のライブラリと共に使用するのが最も効果的です。

MEX ファイルで C/C++ 関数を作成する場合は、C++ MEX アプリケーションまたはC MEX ファイル アプリケーションを参照してください。

関連情報