Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での COM

MATLAB® から COM コンポーネントにアクセスするか MATLAB と連携して動作する COM プログラムを作成する

Microsoft® "Component Object Model" (COM) は、再利用可能なバイナリ ソフトウェアのコンポーネントをアプリケーションに統合するための枠組みを与えます。コンポーネントは、コンパイルされたコードで実装されるため、COM をサポートするプログラミング言語でソース コードを記述することができます。アプリケーションのアップグレードは、該当するアプリケーション全体の再コンパイルの必要はなく、単にコンポーネントを交換するだけで済むため簡単に行えます。これに加え、コンポーネントの場所はアプリケーションから透過的であるため、コンポーネントを別のプロセスやリモート システムに移行した場合もアプリケーションを修正する必要はありません。詳細については、MATLAB の COM オブジェクトの使用を参照してください。

オートメーションは、あるアプリケーション ("コントローラー" または "クライアント") が別のアプリケーション ("サーバー") によってエクスポートされたオブジェクトを制御できるようにする COM プロトコルです。詳細については、MATLAB と連携して動作する COM アプリケーションの記述を参照してください。

MATLAB は、Microsoft Windows® プラットフォームのみで COM の統合をサポートしています。

COM の代替方法については、MATLAB での .NETで説明されている Microsoft .NET の使用を検討してください。

カテゴリ

関連情報