Main Content

MATLAB での Web サービス

HTTP (Hypertext Transfer Protocol) または WSDL (Web サービス記述言語) を使用して MATLAB® からの Web サービスと通信する

MATLAB HTTP インターフェイスは、カスタマイズされた Web アクセス アプリケーションを作成するためのクラスを提供します。インターフェイスには、メッセージとそのヘッダーおよびフィールド用のクラス、および Internet Engineering Task Force (IETF®) の標準で定義されるその他のエンティティが含まれています。詳細については、MATLAB での HTTP の使用を参照してください。

MATLAB 関数 matlab.wsdl.createWSDLClient は WSDL (Web サービス記述言語) ドキュメントに基づいてサーバー API にアクセスします。詳細については、MATLAB での WSDL の使用を参照してください。

カテゴリ