Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での WSDL の使用

WSDL (Web サービス記述言語) を使用して Web サービスと通信する

WSDL ドキュメントは標準形式を使用してサーバーの演算、引数、トランザクションを記述します。MATLAB® でサーバー API を使用するには、関数 matlab.wsdl.createWSDLClient を使用して、MATLAB クラスを作成します。

関数

matlab.wsdl.createWSDLClientSOAP ベースの Web サービスへのインターフェイスの作成
matlab.wsdl.setWSDLToolPathWSDL ツールの場所

トピック

トラブルシューティング

エラー処理

WSDL ドキュメントにアクセスするプログラムのトラブルシューティング。

WSDL ドキュメント サポートの制限

RPC-encoded の WSDL ドキュメント、Apache™ CXF プログラムがコンパイルできないドキュメント、および WSDL の型定義を含む他の WSDL ドキュメントをインポートするドキュメントはサポートされていません。

HTTP エラー用 W3C ステータス コード

関連情報