Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

WSDL ツールの設定

この例では、MATLAB® で WSDL Web サービスを使用するのに必要なプログラムをインストールするための情報を検索する方法を説明します。サポートされているバージョンの OpenJDK™、または Oracle® Java® JDK™ および Apache™ CXF のプログラムが必要です。これらのプログラムには、数百メガバイトのディスク容量が必要です。

  • OpenJDK™ 8 (Hot Spot) をhttps://adoptopenjdk.net/からダウンロードしてインストールします。

  • Apache CXF ソフトウェアをhttps://cxf.apache.org/downloadからダウンロードしてインストールします。Version 3.2 の最新リリースを選択します。

  • これらのプログラムで作成されたインストール フォルダーをメモします。変数 jdk = 'YOUR_JDK_PATH' および cxf = 'YOUR_CXF_PATH' へのパスを設定して次のように呼び出します。

    matlab.wsdl.setWSDLToolPath('JDK',jdk,'CXF',cxf)
    

参考

外部の Web サイト