Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

世界地図の表示

この例では、米国地質調査所 (USGS) の National Map SOAP サーバーのイメージにアクセスする方法を説明します。マップを作成するには、次の情報が必要です。

  • マップ タイルの取得。

  • マップ名の取得。

  • タイルの形式の取得。

この例では、USGS の Web サービスの関数 USGSImageryOnly_MapServer を呼び出してこの情報を取得する方法を説明します。

Java® JDK™ および Apache™ CXF プログラムをインストールし、ツール パスを設定して次の例を実行します。

p = matlab.wsdl.setWSDLToolPath;
if (isempty(p.JDK) || isempty(p.CXF))
    disp('Install the Java Development Kit (JDK) and Apache CXF programs.')
    disp('See the Set Up WSDL Tools link at the end of this example.')
else
    disp('Paths set to:')
    matlab.wsdl.setWSDLToolPath
end

現在のフォルダーを書き込み可能なフォルダーに変更します。

WSDL の URL を割り当てます。

wsdlFile = ...
'http://basemap.nationalmap.gov/arcgis/services/USGSImageryOnly/MapServer?wsdl';

クライアントのクラス ファイルを作成します。

matlab.wsdl.createWSDLClient(wsdlFile)
Created USGSImageryOnly_MapServer.
  .\USGSImageryOnly_MapServer.m
  .\+wsdl

In order to use USGSImageryOnly_MapServer, you must run javaaddpath('.\+wsdl\mapserver.jar').

ans = 

    @USGSImageryOnly_MapServer

jar ファイルを Java パスに追加します。

javaaddpath('.\+wsdl\mapserver.jar')

サービスを起動します。

wsdl = USGSImageryOnly_MapServer;

サービスについて調べます。

help USGSImageryOnly_MapServer
USGSImageryOnly_MapServer   A client to connect to the USGSImageryOnly_MapServer service
     SERVICE = USGSImageryOnly_MapServer  connects to http://basemap.nationalmap.gov/arcgis/services/USGSImageryOnly/MapServer and returns a SERVICE.
     
     To communicate with the service, call a function on the SERVICE:
 
        [...] = FUNCTION(SERVICE,arg,...) 
 
     See doc USGSImageryOnly_MapServer for a list of functions.

リンク doc USGSImageryOnly_MapServer をクリックします。MATLAB® によりヘルプ ブラウザーに USGSImageryOnly_MapServer のリファレンス ページが開きます。

関数 GetMapTile に必要な入力のドキュメンテーションを読みます。

help GetMapTile
 --- help for USGSImageryOnly_MapServer/GetMapTile ---

 GetMapTile  
   Result = GetMapTile(obj,MapName,Level,Row,Column,Format)  
     Inputs:
       obj - USGSImageryOnly_MapServer object
       MapName - string
       Level - numeric scalar (XML int)
       Row - numeric scalar (XML int)
       Column - numeric scalar (XML int)
       Format - string
     Output:
       Result - vector of numbers 0-255 (XML base64Binary)
 
  See also USGSImageryOnly_MapServer.

MapNameLevelRowColumn および Format の入力引数が必要です。

マップ名 GetDefaultMapName を提供する関数のドキュメンテーションを読みます。

help GetDefaultMapName
--- help for USGSImageryOnly_MapServer/GetDefaultMapName ---

 GetDefaultMapName  
   Result = GetDefaultMapName(obj)  
     Inputs:
       obj - USGSImageryOnly_MapServer object
     Output:
       Result - string
 
  See also USGSImageryOnly_MapServer.

関数がマップ名を提供します。

マップ形式情報 GetTileImageInfo を提供する関数のドキュメンテーションを読みます。

help GetTileImageInfo
--- help for USGSImageryOnly_MapServer/GetTileImageInfo ---

 GetTileImageInfo  
   Result = GetTileImageInfo(obj,MapName)  
     Inputs:
       obj - USGSImageryOnly_MapServer object
       MapName - string
     Output:
       Result - TileImageInfo object
 
  See also USGSImageryOnly_MapServer.

この関数は、TileImageInfo オブジェクトを返します。

TileImageInfo のヘルプ表示にあるリンクをクリックして TileImageInfo オブジェクトのドキュメンテーションを読みます。

TileImageInfo(CacheTileFormat,CompressionQuality,Antialiasing)  TileImageInfo object for use with USGSImageryOnly_MapServer web client
 
      CacheTileFormat - string
          The cache tile format.
      CompressionQuality - numeric scalar (XML int)
          The cache tile image compression quality.
      Antialiasing - string
See also
USGSImageryOnly_MapServer.

MATLAB によりヘルプ ブラウザーにドキュメントが開きます。形式情報は、CacheTileFormat です。

JPEG データを作成します。次のコードには JPEG 画像形式と USGS サーバーが使用するタイル配置の知識が必要です。

% Get the default map name.
defaultMapName = GetDefaultMapName(wsdl);

% Get the map count.
count = GetMapCount(wsdl);

% Get the map name. There is only one map (count value),
% but the index is zero-based.
mapName = GetMapName(wsdl, count-1);

% Get information about the tiles.
tileImageInfo = GetTileImageInfo(wsdl, mapName);

% Get the format of the data.
format = tileImageInfo.CacheTileFormat;

% Since format is specified as 'Mixed' it implies that 
% the result of GetMapTile is a JPEG-encoded stream.
% The map tiles are organized with the lowest level as 
% the lowest level of detail and the tiles use 
% zero-based indexing.
level = 0; 
row = 0; 
col = 0; 
jpeg = GetMapTile(wsdl,mapName,level,row,col,format); 

JPEG エンコード データをファイルに書き込みます。imread を使用して JPEG データを読み取ってデコードし、M x N x 3 の uint8 の行列を返します。

ext = '.jpg'; 
tilename = ['USGSImageryOnly_MapServer' '0_0_0' ext]; 
fid = fopen(tilename,'w'); 
fwrite(fid,jpeg)
fclose(fid)

マップを表示します。

tileImage = imread(tilename);
figure
imshow(tileImage) 

関連するトピック