Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.wsdl.createWSDLClient

SOAP ベースの Web サービスへのインターフェイスの作成

説明

matlab.wsdl.createWSDLClient(wsdlURL) は、wsdlURL によって指定された WSDL (Web サービス記述言語) ドキュメントに基づいてサービスへのインターフェイスを作成します。この関数は WSDL で記述された SOAP (簡易オブジェクト アクセス プロトコル) の各バインディングに対して 1 つの MATLAB® クラス ファイルを現在のフォルダーに作成します。必要に応じて追加のサポート ファイルも作成されます。これらのファイルはパッケージして他のユーザーに配布することができます。

WSDL ツール、Java® JDK™ および Apache™ CXF ソフトウェアをインストールしてから、関数 matlab.wsdl.setWSDLToolPath を使用してツール パスを設定しなければなりません。

現在のフォルダーに対して書き込み権限がなければなりません。

matlab.wsdl.createWSDLClient(wsdlURL,folder) はインターフェイス ファイルを folder に作成します。これは MATLAB パス上になければなりません。

matlab.wsdl.createWSDLClient(wsdlURL,folder,'silent') は生成されたファイルとフォルダーの表示を抑制します。

matlab.wsdl.createWSDLClient(___,options) は、WSDL ドキュメントへのアクセスに必要な追加情報を指定します。この構文では、前述の構文の入力引数のいずれかを使用できます。

classname = matlab.wsdl.createWSDLClient(___) は、作成したクラスのハンドルを返します。複数のクラスが作成された場合、関数はハンドルの cell 配列を返します。この構文では、前述の構文の入力引数のいずれかを使用できます。

クラスの使用方法に関する情報を取得するには、そのクラス名で MATLAB の関数 help を呼び出します。

すべて折りたたむ

この例を実行するには、WSDL ツールをインストールしてツール パスを設定します。jdk および cxf は、使用しているシステム上のこれらのツールへのパスです。

matlab.wsdl.setWSDLToolPath('JDK',jdk,'CXF',cxf)

クラス ファイルを作成します。

url = ...
'http://basemap.nationalmap.gov/arcgis/services/USGSImageryOnly/MapServer?wsdl';
matlab.wsdl.createWSDLClient(url)
Created USGSImageryOnly_MapServer.
  .\USGSImageryOnly_MapServer.m
  .\+wsdl

In order to use USGSImageryOnly_MapServer, you must run javaaddpath('.\+wsdl\mapserver.jar').

jar ファイルを Java パスに追加します。

javaaddpath('.\+wsdl\mapserver.jar')

サービスを作成します。

wsdl = USGSImageryOnly_MapServer;

サービスとその関数のヘルプを参照します。

help USGSImageryOnly_MapServer
USGSImageryOnly_MapServer   A client to connect to the USGSImageryOnly_MapServer service
     SERVICE = USGSImageryOnly_MapServer  connects to http://basemap.nationalmap.gov/arcgis/services/USGSImageryOnly/MapServer and returns a SERVICE.
     
     To communicate with the service, call a function on the SERVICE:
 
        [...] = FUNCTION(SERVICE,arg,...) 
 
     See doc USGSImageryOnly_MapServer for a list of functions.

マップ名を返す GetDefaultMapName など、いずれかのメソッドを呼び出します。

GetDefaultMapName(wsdl)
ans =

Layers

入力引数

すべて折りたたむ

WSDL URL またはファイル パス。サービス メソッド、引数、およびトランザクションを定義する string または文字ベクトルとして指定します。

wsdlURLhttp または https URL またはローカル パスにすることができます。 wsdlURLfile:// URL にすることはできません。Microsoft® Windows® では、UNC パスはサポートされていません。

例: 'http://www.mywebservice.com/servicename?WSDL'

生成されたファイルのフォルダー。string または文字ベクトルとして指定します。省略するか空 ('') の場合、matlab.wsdl.createWSDLClient は現在のフォルダーを使用します。フォルダーに対する書き込み権限がなければなりません。関数は生成されたファイルと同じ名前で既存のファイルを上書きします。

例: 'c:\work'

追加オプション。WSDL ドキュメントへのアクセスに必要な weboptions オブジェクトとして指定します。たとえば、UsernamePasswordTimeout などです。

weboptions に指定された追加オプションは、プライマリ WSDL ドキュメントが参照するインポートされた他の WSDL ドキュメントやスキーマなどの、その他のドキュメントには適用されません。また、これらのオプションは、生成したコードによってサーバーに送られる要求にも適用されません。

例: 'Username','john','Password','mypassword'

ヒント

  • コンピューターの複数の場所に WSDL ファイルを作成する場合は、重複する場所からクラス ファイルを削除することによって混乱を避けてから clear java を呼び出します。

R2014b で導入