Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

WSDL ドキュメントを使用するサービスへのアクセス

WSDL ドキュメントでは、標準形式を使用してサーバーの演算、引数、トランザクションを記述します。関数 matlab.wsdl.createWSDLClient は、サーバーの API を使用できるようにする MATLAB® クラスを作成します。

関数 matlab.wsdl.createWSDLClient を使用するには、サービスの WSDL ドキュメントの場所を特定します。この関数は WS-I 1.0 標準準拠の WSDL ドキュメントと共に機能し、次のいずれかの形式を使用します。RPC-literal、Document-literal または Document-literal-wrapped です。matlab.wsdl.createWSDLClient は RPC-encoded をサポートしていません。

サポートされているバージョンの OpenJDK™、または Oracle® Java® JDK™ および Apache™ CXF のプログラムをダウンロードする必要があります。

サービスにアクセスするには、以下のようにします。

  1. Java JDK および Apache CXF プログラムをインストールして、配置するか、そのいずれかを行います。

  2. 関数 matlab.wsdl.setWSDLToolPath を使用して、JDK および CXF プログラムへのパスを設定します。セッション中、パスの値はユーザー基本設定に保存されるので、それらを一度だけ指定する必要があります。

  3. WSDL ドキュメントから生成されるファイルを使用する場所に MATLAB の現在のフォルダーを移動します。このフォルダーの書き込み権限が必要です。

  4. 関数 matlab.wsdl.createWSDLClient を実行し、WSDL ドキュメントの場所を URL またはファイルへのパスとして指定します。

    この関数はサーバーの API を MATLAB クラスに変換し、現在のフォルダー内にクラス フォルダーを作成します。クラス フォルダーにはサーバーの API を使用するためのメソッドが含まれます。関数は常に、クラスと同じ名前をもつコンストラクター メソッドを作成します。

    関数 matlab.wsdl.createWSDLClient は一度だけ実行します。その後はいつでもクラスにアクセスできるようになります。

  5. サービスの操作を使用するたびに、クラスのオブジェクトを作成します。

  6. クラスに関する情報を表示して、どのメソッド (操作) が利用できるかを見ることができます。

  7. オブジェクトのメソッドを使用してサーバーでアプリケーションを実行したり、データを交換します。

    MATLAB は自動的に XML データ型と MATLAB 型間の変換を行います。

参考

|

関連する例

詳細