ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java エンジン プログラムのビルド

一般的な要件

エンジン アプリケーションのビルドに使用する Java® 環境を設定するには、以下を実行します。

  • matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar を Java クラス パスに追加します。

  • JDK™ 7 以降のバージョンを使用してエンジン アプリケーションをビルドします。

  • JRE™ のバージョンが JDK より前のものでないことを確認します。

Java を実行するには、フォルダー matlabroot/bin/<arch> をシステム環境変数に追加します。<arch> は使用しているコンピューターのアーキテクチャです。たとえば、win64 は 64 ビット版 Microsoft® Windows® マシン、maci64macOSglnxa64 は Linux® にそれぞれ対応しています。

matlabroot は MATLAB®matlabroot コマンドにより返される値です。このコマンドは、MATLAB がインストールされているフォルダーを返します。

次の表は、環境変数名とパスの値の一覧です。

オペレーティング システム変数パス

Windows

PATH

matlabroot\bin\win64

64 ビット版 Apple Mac

DYLD_LIBRARY_PATH

matlabroot/bin/maci64

64 ビット版 Linux

LD_LIBRARY_PATH

matlabroot/bin/glnxa64:matlabroot/sys/os/glnxa64

Windows での Java コードのコンパイルと実行

次のように Java コードをコンパイルします。

javac -classpath matlabroot\extern\engines\java\jar\engine.jar MyJavaCode.java

Java プログラムを実行します。

java -classpath .;matlabroot\extern\engines\java\jar\engine.jar MyJavaCode

システム パスの設定

Windows コマンド プロンプトからランタイム ライブラリ パスを設定するには、次のコマンドを入力します。

set PATH=matlabroot\bin\win64;%PATH%

Windows コマンド プロセッサを開くたびにパスを設定します。

また、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスから変数 PATH を設定することもできます。[コントロール パネル][システム][システムの詳細設定][詳細設定] タブで、[環境変数] をクリックします。[システム環境変数]Path を選択し、[編集] をクリックします。matlabroot\bin\win64; を [変数値] の先頭に挿入して、Path を変更します。[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、次に [コントロール パネル] ダイアログ ボックスを閉じます。

macOS での Java コードのコンパイルと実行

Java 用の MATLAB エンジン API は、macOS システムでは maci64 のみをサポートしています。

次のように Java コードをコンパイルします。

javac -classpath matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode.java

Java ライブラリ パスの指定とプログラムの実行

1 つのステートメントで Java ライブラリ パスを指定して Java プログラムを実行します。

java -Djava.library.path=matlabroot/bin/maci64 -classpath .:matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode

システム変数の設定とプログラムの実行

変数 DYLD_LIBRARY_PATH を設定して Java プログラムを実行します。たとえば、C シェルを使用して以下を実行します。

setenv DYLD_LIBRARY_PATH matlabroot/bin/maci64:$DYLD_LIBRARY_PATH
java -classpath .:matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode

C シェルから変数を設定

次のコマンドを ~/.cshrc などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

setenv DYLD_LIBRARY_PATH matlabroot/bin/maci64:$DYLD_LIBRARY_PATH

Bourne シェルで変数を設定

次のコマンドを ~/.profile などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

DYLD_LIBRARY_PATH=matlabroot/bin/maci64:$DYLD_LIBRARY_PATH
export DYLD_LIBRARY_PATH 

Java Version 1.8.0 の初期のビルドの使用

Java Version 1.8.0 の初期のビルド (1.8.0_111 など) を使用する場合、DYLD_LIBRARY_PATH 環境変数が認識されないことがあります。java.lang.UnsatisfiedLinkError の例外が返された場合、java.library.path を明示的に設定します。

java -Djava.library.path=matlabroot/bin/maci64 -classpath .:matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode

Linux での Java コードのコンパイルと実行

Java 用の MATLAB エンジン API は、Linux システムでは glnxa64 のみをサポートしています。

次のように Java コードをコンパイルします。

javac -classpath matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode.java

Java ライブラリ パスの指定とプログラムの実行

互換性のある GCC ライブラリが検索パスにある場合、matlabroot/bin/glnxa64 を Java ライブラリ検索パスに追加して、変数 DYLD_LIBRARY_PATH を設定せずに例を実行することができます。サポートされているコンパイラの詳細については、サポートされるコンパイラを参照してください。

1 つのステートメントで Java ライブラリ パスを指定して Java プログラムを実行します。

java -Djava.library.path=matlabroot/bin/glnxa64 -classpath .:matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode

システム変数の設定とプログラムの実行

変数 DYLD_LIBRARY_PATH を設定して Java プログラムを実行します。たとえば、C シェルを使用して以下を実行します。

setenv LD_LIBRARY_PATH matlabroot/bin/glnxa64:matlabroot/sys/os/glnxa64:$LD_LIBRARY_PATH
java -classpath .:matlabroot/extern/engines/java/jar/engine.jar MyJavaCode

C シェルから変数を設定

次のコマンドを ~/.cshrc などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

setenv LD_LIBRARY_PATH matlabroot/bin/glnxa64:matlabroot/sys/os/glnxa64:$LD_LIBRARY_PATH

Bourne シェルから変数を設定

次のコマンドを ~/.profile などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

LD_LIBRARY_PATH=matlabroot/bin/glnxa64:matlabroot/sys/os/glnxa64:$LD_LIBRARY_PATH
export LD_LIBRARY_PATH 

関連するトピック