MATLAB® は、Python を含む多くのプログラミング言語との統合を双方向で柔軟に行うことができます。これにより、さまざまなチームの協調、そして量産ソフトウェアおよび IT システム内での MATLAB アルゴリズムの仕様が可能になります

MATLABと Python の 双方向での統合機能は以下のことを可能にします。


MATLAB の Python からの呼び出し

Python 用の MATLAB エンジン API を使用すると、MATLAB を計算エンジンとして Python から呼び出すことができます。

この API によって MATLAB のデスクトップ セッションを開始せずに、Python 環境内から MATLAB コマンドの実行が可能になります。詳細はPython 用の MATLAB エンジン API を参照してください。


MATLAB からの Python ライブラリの呼び出し

Python の関数やオブジェクトがある場合、それらを MATLAB から直接呼び出すことができます。

こうすることでプログラミング環境を切り替えずに MATLAB ですべての作業を行うことができます。詳細はMATLAB からの Python ライブラリの呼び出しを参照してください。


Python を使用したスケーラブルな実装のための MATLAB プログラムのパッケージ化

MATLAB でアルゴリズムやアプリケーションを開発し、ワンクリックでパッケージ化し共有。MATLAB Compiler SDK™ を使用して、MATLAB プログラムから Python パッケージをビルドできます。これらのパッケージは Python アプリケーションに統合でき、それらのアプリケーションをデスクトップ ユーザーと共有したり、Web およびエンタープライズ システムにロイヤリティフリーで配布することができます。詳細についてはコンパイルされた MATLAB プログラムの Python アプリケーションへの統合で説明します。

プログラムを MATLAB Production Server™ に配布することで、MATLAB プログラムを同時アクセスにスケールアップし、データベース、Web およびエンタープライズ アプリケーションなどのシステムで機能させることができます。サーバーは、軽量クライアント API ライブラリ (Python を含む) および RESTful/JSON インターフェイスを介した IT アーキテクチャ内での統合を可能にします。