Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLABPython ライブラリ

MATLAB® から Python® 機能を直接呼び出す

py. 接頭辞を Python の名前に追加して、MATLAB から Python ライブラリに直接アクセスできます。Python 標準ライブラリ内のコンテンツを呼び出すには、Python の関数名またはクラス名の前に py. を追加します。使用可能なモジュールのコンテンツを呼び出すには、Python モジュール名の前に py. を追加し、その後に Python の関数名またはクラス名を続けます。以下に例を示します。

py.list({'This','is a','list'})      % Calls built-in function list
py.textwrap.wrap('This is a string') % Calls wrap function in module textwrap

これらを使用するためにモジュールをインポートする必要はありません。ただし、MATLAB パッケージのコンテンツをインポートする場合と同じ方法で、Python の名前を MATLAB 関数にインポートできます。詳細については、Python と MATLAB の import コマンドの理解を参照してください。

代わりに、Python アプリケーションから MATLAB 関数を呼び出す場合の詳細については、Python からの MATLAB の呼び出しを参照してください。

関数

すべて展開する

pyenvPython インタープリターの既定の環境の変更
PythonEnvironmentPython 環境の情報
pyargsPython 関数用のキーワード引数の作成
matlab.exception.PyExceptionPython 例外のエラー情報の取得

トピック

Python ライブラリの使用

MATLAB から Python モジュールへのアクセス - 入門

MATLAB で Python オブジェクトを作成し使用する方法。

Python を使用するためのシステムの構成

サポートされているバージョンの Python がインストールされていることを確認する方法。

ユーザー定義の Python モジュールの呼び出し

このドキュメンテーションの例で使用する Python モジュールを作成します。

Python 関数の引数について

MATLAB ユーザーにとって馴染みのない可能性がある Python メソッドの構文。

上級トピック

注意が必要なコード パターンの違い。

Python 機能のアウトプロセスでの実行

MATLAB プロセスとは別のプロセスで Python スクリプトを実行する。

アウトプロセスの Python インタープリターの再読み込み

MATLAB を再起動せずに、アウトプロセスの Python インタープリターを再度読み込む。

データの受け渡し

MATLAB から Python へのデータ型のマッピング

MATLAB が MATLAB データを、互換性のある Python データ型に変換する方法。

Python コンテナー型内の要素へのアクセス

Python コンテナーは、通常、sequence 型 (list または tuple) または mapping 型 (dict) です。

Python 関数 map への Python 関数の受け渡し

この例では、リスト内の各語の長さを表示する方法を説明します。

トラブルシューティング

エラーが Python と MATLAB のどちらのエラーであるかを判定

エラーが Python と MATLAB のどちらのコードに由来するかを判定するためのヒント。

Python サポートに関する制限

MATLAB でサポートされない Python 機能。

Python 例外の処理

MATLAB は Python によってスローされた例外をキャッチし、matlab.exception.PyException オブジェクトに変換します。

行列と数値引数のエラーのトラブルシューティング

大きさが 1 でない次元の入力配列によって、エラーが引き起こされる可能性があります。

注目の例