ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.exception.PyException クラス

パッケージ: matlab.exception

Python 例外のエラー情報の取得

説明

matlab.exception.PyException オブジェクトからの情報を処理し、MATLAB® から呼び出された Python® メソッドがスローした Python エラーを処理します。このクラスは MException から派生します。

作成

matlab.exception.PyException オブジェクトは明示的には作成されません。MATLAB は、Python が例外をスローするたびに PyException オブジェクトを自動的に作成します。PyException オブジェクトには元の Python 例外が含まれています。

プロパティ

すべて展開する

Python 関数 sys.exc_info からの結果。関数で返される内容の詳細については、次を入力します。

help('py.sys.exc_info')
exc_info() -> (type, value, traceback)

Return information about the most recent exception caught by an except
clause in the current stack frame or in an older stack frame.

すべて折りたたむ

Python 例外を生成し、情報を表示します。MATLAB で Python Error というテキストを含むメッセージが表示された場合、詳細については Python のドキュメンテーションを参照してください。

try
  py.list('x','y',1)
catch e
  e.message
  if(isa(e,'matlab.exception.PyException'))
    e.ExceptionObject
  end
end
ans =

Python Error: TypeError: list() takes at most 1 argument (3 given)

ans = 

  Python tuple with no properties.

    (<type 'exceptions.TypeError'>, TypeError('list() takes at most 1 argument (3 given)',), None)

R2014b で導入