Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

pyargs

Python 関数用のキーワード引数の作成

説明

kwa = pyargs(argKey,argValue) は、Python® 関数に渡す 1 つ以上の "キーワード" 引数を作成します。Python キーワード引数は、前に識別子が付けられる値です。関数 pyargs は、MATLAB® でキーワード引数を作成する唯一の方法です。この関数は、変数 py.dict を作成するときに使用します。

すべて折りたたむ

Python の calendar.TextCalendar.formatmonth メソッドは月間カレンダーを表示します。このメソッドは 2 つのキーワード引数を取ります。キーワード w は日付列の幅を指定します。キーワード l は各週の行数を指定します。

カレンダーを作成します。

cal = py.calendar.TextCalendar;

既定の行間と列幅を使用して、2014 年 12 月のカレンダーを表示します。

formatmonth(cal,int32(2014),int32(12))
ans = 

  Python str with no properties.

       December 2014
Mo Tu We Th Fr Sa Su
 1  2  3  4  5  6  7
 8  9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Python の関数 calendar.TextCalendar.formatmonth のドキュメンテーションから関数シグネチャを表示します。

py.help('calendar.TextCalendar.formatmonth')
Help on method formatmonth in calendar.TextCalendar:

calendar.TextCalendar.formatmonth = formatmonth(self, theyear, themonth, w=0, l=0) unbound 
calendar.TextCalendar method
    Return a month's calendar string (multi-line).

引数 w および l はオプションで、既定値は 0 です。

次に、MATLAB で関数シグネチャを表示します。

methods(cal,'-full')

出力で関数 formatmonth のシグネチャを検索します。

lhs formatmonth(self, theyear, themonth, w, l, pyargs)

pyargs 引数を使用して、行間引数の値を 2、幅の引数の値を 3 に変更します。

formatmonth(cal,int32(2014),int32(12),pyargs('l',int32(2),'w',int32(3)))
ans = 

  Python str with no properties.

           December 2014
    
    Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
    
      1   2   3   4   5   6   7
    
      8   9  10  11  12  13  14
    
     15  16  17  18  19  20  21
    
     22  23  24  25  26  27  28
    
     29  30  31

入力引数

すべて折りたたむ

Python 関数のキーワード引数。引数の 1 つ以上のコンマ区切りのペアを argKey,argValue の形式で指定します。argKey は Python 関数のキーの名前を表す string または文字ベクトルです。argValue は引数の値で、任意の有効な Python の型で表します。argKeyargValue は関数の引数リストで確認できます。argKey1,argValue1,...,argKeyN,argValueN のように、複数のキーと値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'length',int32(2)

R2014b で導入