Simulink Coder

Simulink モデルと Stateflow モデルからの C コードと C++ コードの生成

 

Simulink Coder™ (旧名: Real-Time Workshop®) は、Simulink® モデル、Stateflow® チャート、および MATLAB® 関数から C および C++ コードを生成して実行します。生成されたコードは、シミュレーションの高速化や、ラピッド プロトタイピング、HIL (hardware-in-the-loop) テストなど、リアルタイムと非リアルタイムのアプリケーションに利用できます。生成されたコードを Simulink を使用して調整および監視したり、MATLAB や Simulink の外部でコードの実行と操作を行ったりすることができます。 

詳細を見る:

コードの生成

Simulink Coder は、 Simulink モデル、MATLAB 関数、および Stateflow チャートの C および C++ を生成します。Simscape™Vehicle Dynamics Blockset™Computer Vision Toolbox™ など、幅広い Simulink アドオン製品をサポートしています。

オプションの構成

Simulink Coder では、アプリと API を使用して、コードとデータのオプションを構成できます。コード生成アドバイザーを使用して、速度またはデバッグを最適化します。 

Explore gallery (2 images).

レガシーコードの統合

C Caller ブロックまたは Legacy Code Tool を使用して手書きの既存の C/C++ コードを 組み込み、生成されたコードでシミュレーションと統合を行うことができます。

Legacy Code Tool によるレガシーコードの統合。

並列ビルドのステータスの表示

ビルドステータス ユーザー インターフェイスを使用して、進行中の並列ビルドのステータスを表示できます。この情報は、参照モデルの階層を修正することによって並列ビルドを改善する方法を識別するのに役立ちます。

ビルドステータス ユーザー インターフェイス。

コードの実行

Simulink Coder は、サードパーティのコンパイラを使用して、Simulink でアドオン製品によってモデル化された組み込みコントローラー、自律システム、および物理システムのリアルタイムおよび非リアルタイム シミュレーションのための実行可能ファイルを生成します。

リアルタイム シミュレーションおよびテスト

ハードウェアインザループ シミュレーションおよびラピッド プロトタイピングを Simulink Real-Time™ が搭載された Speedgoat ターゲット コンピューター ハードウェアなどの幅広いリアルタイム マシン上で使用して、組み込みシステム設計をテストし、プロトタイプ化します。

ラピッド プロトタイピングとハードウェアインザループ シミュレーション用の Speedgoat ハードウェア。 

デスクトップ システム シミュレーション

ラピッドバッチまたは モンテカルロ シミュレーションを使用して、ホスト コンピューター上にシステムのコードを生成し、テストします。

組み込みターゲットへの展開

周辺機器と通信インターフェイスの構成とアクセスのための I/O ブロックのライブラリを使用して、プロジェクトベース ラーニングのために、サポートされる組み込みターゲット上のモデルからコードを実行します。

Explore gallery (2 images).

パラメーターのチューニングとデータのロギング

Simulink Coder では、外部デバイスでコードを実行しているときに、スコープ、ダッシュボード、およびライブストリーム データ プロットを使用してデータを表示し、パラメーターを調整することによって、Simulink 内で設計を評価し、最適化することができます。

XCP 通信によるエクスターナル モード シミュレーション

Simulink Coder は、Dashboard ブロックとシミュレーション データ インスペクターを介して信号のロギングとストリーミングをサポートします。モデル階層から XCP、TCP/IP、およびシリアル (RS-232) 通信で信号をストリーミングできます。

Explore gallery (2 images).

ホストベースの ASAP2 データ交換

サードパーティのデータ測定、校正、および診断システムで使用するホストベースの ASAP2 データ定義ファイルを生成します。

生成されたコードと手書きコードの間のデータ交換

ターゲットベースの C API を使用して、手書きコードから Simulink ブロック出力と MATLAB パラメーターにアクセスします。

C API を使用して、生成されたコードと外部コードの間でデータを交換する。

新機能

メッセージ

メッセージベース通信を備えたソフトウェア構成をモデル化、 C++ コードを生成

行優先レイアウト

Stateflow チャートと MATLAB 関数ブロックに対する行優先の配列レイアウト対応

重複した列挙型メンバー名

生成したコードで重複した列挙型メンバー名を制御

Simulink ツールストリップでの Simulink Coder コンテキストタブ

コンテキストタブを使用して Simulink コード生成ワークフローを支援

Simulink Coder クイックスタート

Simulink モデルからラピッド プロトタイピングのためのコードを素早く生成

これらの機能やそれに対応する機能の詳細については、リリースノートをご覧ください。 

Simulink Coder と関連製品の詳細

 Embedded Coder を使用して、組み込みシステム用の高度に最適化され、カスタマイズされたコードを生成し、Simulink Real-Time で自動化されたリアルタイム テスト システム用のコードを生成できます。

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

詳細を見る