Simulink Desktop Real-Time

コンピューターでリアルタイムに Simulink モデルを実行

 

Simulink Desktop Real-Time™ は、Windows® または macOS® を実行しているラップトップまたはデスクトップで Simulink® モデルを実行するためのリアルタイムカーネルを提供します。これには、特定の I/O デバイスに接続するライブラリブロックが含まれます。PC または Mac コンピューターを使用して Simulink でリアルタイムシステムを作成し、物理デバイスに接続できます。

Speedgoat™ ターゲット コンピューター ハードウェアを使用した高性能リアルタイム シミュレーションおよびテストについては、Simulink Real-Time™ を参照してください。

今すぐ始める:

ラップトップまたはデスクトップを使用したリアルタイム シミュレーション

PC または Mac コンピューターで Simulink モデルをリアルタイムで実行

Simulink モデルのリアルタイムのクローズドループ シミュレーション

Simulink Desktop Real-Time には、オペレーティング システムで最優先で実行されるリアルタイムカーネルが搭載されています。このリアルタイムカーネルは、I/O デバイスドライバーを読み込み、Simulink との接続を確立します。I/O デバイスドライバーは、通常モードで Simulink シミュレーションと並行して、リアルタイムで実行されます。

磁気浮上制御実験。このモデルは、Analog Input ブロックと Analog Output ブロックを使用して、外部ハードウェアと接続します。

Simulink Coder でリアルタイム パフォーマンスを向上 

Simulink Coder を使用して、アルゴリズムモデルのコードを生成し、I/O デバイスドライバーとリンクします。モデル、ソルバー、I/O デバイスドライバーは、すべてリアルタイムで実行されます。p>

モデル用ストリーム入出力ブロックのパラメーターを設定します。

信号の監視とデータの取得

信号データをリアルタイムで監視、取得、収集

信号の監視と取得

Simulink Desktop Real-Time を Simulink とともに使用すると、リアルタイムモデルから信号を取得して、標準の Simulink Scope ブロックを使用して表示できます。ゲージ、スコープ、ランプなどのグラフィック表示を使用して、モデル内の信号を表示できます。

信号を監視・取得します。

データの取得とログ

Simulink を使用して、MATLAB ワークスペースにランタイムデータを保存できます。エクスターナルモードでは、1 つ以上のデータバーストを取得し、MATLAB ファイルにデータを保存できます。データには MATLAB からアクセスして、追加の分析と可視化を行うことができます。

ワークスペースにログを記録するスコープパラメーターを設定します。

物理デバイスへの接続

I/Oドライバーブロックは、物理デバイスとモデル間の接続を提供します

I/O ドライバーブロックのライブラリ

Simulink Desktop Real-Time には、I/O ドライバーブロックのライブラリが含まれており、物理 I/O デバイスとリアルタイムモデル間の接続を提供します。シミュレーションを実行して、Simulink モデルが実際の動作にどのように応答するかを確認できます。

I/O デバイスを Simulink 信号に接続して、入力データの読み取り、出力データの書き込みを行います。

I/O ドライバーの通信

Simulink Desktop Real-Time の I/O ドライバーブロックは、ASCII データまたはバイナリデータを使用した通信を可能にします。サポートされる通信プロトコルには、標準ネットワーク接続用の UDP、シリアル通信用の RS-232、コントローラーエリアネットワーク用の CAN バスが含まれます。

UDP 通信でデータを転送します。

Thunderbolt™ のサポート

I/O デバイスへの接続のために Thunderbolt™ をサポートし、Thunderbolt の PCIe/PCI ボード用拡張シャーシや、Thunderbolt に対応した HUMUSOFT® の MF 644 多機能 I/O デバイスを使用できます。

I/O デバイスに接続します。

新機能

CAN FD プロトコルのサポート

CAN と比べてより高い通信帯域を実現

CAN サイレントモードのサポート

CAN デバイス上でのサイレントモード実行を実現

既存ファイルへの追加

標準デバイスの既存ファイルへデータを追加

これらの機能および対応する関数の詳細については、リリースノートを参照してください。