ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ThingSpeak

ThingSpeakInternet of Things (IoT) プラットフォームであり、クラウドでセンサーのデータを収集および保存したり、IoT アプリケーションを開発したりできます。ThingSpeak™ IoT プラットフォームでは MATLAB® でデータを解析し可視化できるアプリを提供しており、そのデータに基づいてアクションを実行することができます。センサー データは Arduino®、Raspberry Pi™、BeagleBone Black、および他のハードウェアから ThingSpeak に送信できます。

ThingSpeak 入門

ThingSpeak の基礎を学ぶ

チャネルおよびチャート API

REST API および MQTT API を使用した ThingSpeak チャネルの更新と、チャネルに保存されている数値データのチャート化

ThingSpeak アプリ

データの変換と可視化、またはアクションのトリガー

MATLAB の解析および可視化

MATLAB プロットでのデータの調査と変換および可視化

ユーザー

ThingSpeak のユーザー、チャネル、およびライセンスに関する情報の取得

リファレンス

HTTP ヘッダー、タイム ゾーン、エラー コードに関する情報