Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

データの視覚化

MATLAB® のデータの変換と視覚化

MATLAB Visualizations app を使用して、ThingSpeak™チャネルのデータを視覚化します。他の MATLAB plots を使用した静的な視覚エフェクトで、面プロット、線プロット、または散布図などの対話型視覚エフェクトを使用してデータを表示および調査できます。ビジュアライゼーションを公開し、URL を使用して Web サイトに埋め込むこともできます。ThingSpeak では、MATLAB を使用してデータを分析することもできます。MATLAB Analysis アプリと MATLAB Visualizations アプリは、履歴データまたはライブ データに対する基本的な操作を支援するコード テンプレートを提供します。コード テンプレート チュートリアルを使用して、ThingSpeak の使用を開始します。アプリを使用して、ある単位から別の単位に変換したり、同じプロット上の異なるデータまたは類似したデータを比較したり、データの統計的分布を視覚化したりできます。

MATLAB 分析および視覚化アプリで スクリプトへの関数の追加 (MATLAB) を使用すると、モジュール式コーディングが可能になります。組み込みの MATLAB 関数に加えて、MATLABアドオン ツールボックスにアクセスする で説明されているツールボックスの関数も使用できます。

関数

すべて展開する

Create ChartHTTP GETでチャートを生成する
Show Channel Mapチャネルの位置を地図上に表示

トピック

チャネルまたはウェブサイトにビジュアライゼーションを追加する

異なるタイプのデータを視覚的に比較する

同じタイプのデータを視覚的に比較する

時系列データの視覚化

位置データを視覚的に比較する