Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

3 日間の気温データを比較する

この例では、既存のThingSpeak™チャネルからデータを読み取り、同じ軸上に 3 つの系列を持つプロットを生成する方法を示します。この例では、開始点として、 ThingSpeakのMATLAB AnalysisアプリとMATLAB Visualizationsアプリが提供するコード テンプレートの 1 つを使用します。

ThingSpeak channel 12397 には、マサチューセッツ州ネイティックのMathWorks®キャンパスの駐車場の上にある気象観測所からの気象データが含まれています。Field 4 には、温度の測定値が含まれています。

«テンプレート コードからMATLABビジュアライゼーションを作成する»

ThingSpeakチャネルからの 3 つの一連のデータの視覚化を作成するには、« MATLAB Visualizations » アプリで提供されるコード テンプレートを使用してMATLABスクリプトを作成します。

[アプリ] タブに移動し、[MATLAB Visualizations] をクリックします。「新規」をクリックし、「3 つの異なる日の気温データを比較」を選択して、「作成」をクリックします。

«データを視覚化する»

ThingSpeak は、 «MATLAB Code»« » フィールドにコードを入力して、3 系列の折れ線プロットを生成します。

1) ThingSpeakと通信するための変数を設定します。この例では、気象観測所のチャネルが公開されているため、読み取り API キーは不要です。独自のチャネルから読み取る場合は、これらの値を変更できます。

readChannelID = 12397;
TemperatureFieldID = 4;
readAPIKey = '';

2) thingSpeakReadを使用して、毎日のデータを取得します。'DateRange'を指定すると、データ収集の終了日と開始日を設定できます。

temperatureDay1 = thingSpeakRead(readChannelID,'Fields',TemperatureFieldID,'dateRange',...
    [datetime('today')-days(1),datetime('today')],'ReadKey',readAPIKey); 

temperatureDay2 = thingSpeakRead(readChannelID,'Fields',TemperatureFieldID,'dateRange',...
    [datetime('today')-days(2),datetime('today')-days(1)],'ReadKey',readAPIKey); 

temperatureDay3 = thingSpeakRead(readChannelID,'Fields',TemperatureFieldID,'dateRange',...
    [datetime('today')-days(3),datetime('today')-days(2)],'ReadKey',readAPIKey);

3) 各データセットの長さに一致する期間の配列を作成します。各シリーズの長さは、正確な開始時間に応じて変動します。測定は 1 分ごとに行われますが、毎日調整されるわけではありません。

myTimes1=minutes(1:length(temperatureDay1));
myTimes2=minutes(1:length(temperatureDay2));
myTimes3=minutes(1:length(temperatureDay3));

4) plothold を使用してプロットを生成します。legendを使用して、シリーズを区別する凡例を設定します。次に、軸とグラフのタイトルにxlabelylabel、およびtitleを指定します。

plot(myTimes1,temperatureDay1, myTimes2,temperatureDay2, myTimes3,temperatureDay3);
legend({'Day1','Day2','Day3'});
xlabel('Minutes')
ylabel('Temperature F');
title('Three-Day Temperature Comparison');

5) アプリケーションに合わせてテンプレート コードを編集できます。たとえば、コードを編集して、読む日数やプロットのタイトルを変更します。«保存して実行» を押してプロットを生成します。

プロットは実際のデータから生成されているため、実際のプロットはこのプロットと似ていますが、同一ではありません。

同じプロットにデータを重ねると、その日の気温変化における 3 つの異なる動作が表示されます。

6) オプションで、保存したビジュアライゼーションをチャネルに追加できます。「表示設定」で、「このビジュアライゼーションをチャネルに追加/編集」の横にあるプラス記号を使用して、チャネルリストを展開します。

ビジュアライゼーションを追加するチャネルのチェック ボックスをクリックします。プライベート ビジュアライゼーションを追加するには、«プライベート ビュー» を選択します。URL を共有し、ビジュアライゼーションを「パブリック ビュー」に追加するには、「パブリック URL の作成」をクリックします。選択内容を更新するには、「表示設定を保存」をクリックします。

参考

関数

関連する例

詳細