Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャネルおよびチャート API

REST API および MQTT API を使用した ThingSpeak™ チャネルの更新と、チャネルに保存されている数値データのチャート化

ThingSpeak は、チャネルを使用してアプリやデバイスから送信されたデータを保存する IoT プラットフォームです。チャネル構成で説明されている設定により、チャネルを作成して、チャネルへのデータ送信およびチャネルからのデータ取得を行うことができます。チャネルを公開してデータを共有することができます。GET、POST、PUT、DELETE などの REST API の呼び出しを使用することにより、チャネルの作成、フィードの更新、既存のチャネルの更新、チャネル フィードのクリア、およびチャネルの削除を行うことができます。また、MQTT の Publish メソッドを使用してチャネル フィードを更新することもできます。チャネルの更新の際にREST API と MQTT API の選択をいつ行うかについて、詳細を確認してください。

MATLAB® の解析アプリおよび可視化アプリを使用することで、チャネルのデータを調査し表示することができます。ThingSpeak を使用すると、ソーシャル メディア、Web サービス、およびデバイスとの交信ができるようになります。

  • REST API
    REST API の呼び出しを使用した ThingSpeak のチャネルおよびチャートの作成と更新
  • MQTT API
    MQTT API を使用した ThingSpeak チャネルの更新