Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

REST API

REST API の呼び出しを使用した ThingSpeak™ のチャネルおよびチャートの作成と更新

Representational State Transfer (REST) は、HTTP 上で通信する要求/応答モデルとして設計されたアーキテクチャ スタイルです。ThingSpeak は IoT プラットフォームであり、GET、POST、PUT、DELETE などの REST API 呼び出しを使用して、チャネルの作成、チャネル フィードの更新、既存のチャネルの更新、チャネル フィードのクリア、およびチャネルの削除を行うことができます。Web ブラウザーまたはクライアントは REST 呼び出しを使用してサーバーに要求し、サーバーは応答を返信します。Web ブラウザーは、このインターフェイスを使用して Web ページを取得したり、リモート サーバーへデータを送信したりします。

また、ソーシャル メディア、Web サービス、およびデバイスとの交信にThingSpeak アプリでの REST API 呼び出しを使用することもできます。

概念

チャネル

チャネルの作成

新しいチャネルを作成する HTTP 要求を送信する。

ステータス更新の取得

チャネルのステータス更新を表示する HTTP 要求を送信する。

公開チャネルのリスト

公開チャネルのリストを表示する HTTP 要求を送信する。

ユーザーのすべてのチャネルを一覧表示

ユーザーのすべてのチャネルを一覧表示する HTTP 要求を送信する。

すべての公開チャネルを一覧表示

すべての公開チャネルを一覧表示する HTTP 要求を送信する。

チャネルの表示

特定のチャネルを表示する HTTP 要求を送信する。

チャネル情報の更新

既存のチャネルについての情報を更新する HTTP 要求を送信する。

チャネルのクリア

チャネルのすべてのフィード データをクリアする HTTP 要求を送信します。

チャネルの削除

チャネルを削除する HTTP 要求を送信する。

チャネル フィード

チャネル フィードの取得

チャネル フィード データを表示する HTTP 要求を送信する。

チャネル フィールド フィードを取得

チャネル フィールド フィード データを表示する HTTP 要求を送信する。

チャネル フィードの更新

チャネル フィード データまたはチャネル ステータス メッセージを更新するための HTTP 要求を送信するか、ツイートを送信する。

チャネル フィードの一括更新

チャネル フィードを一括更新する HTTP 要求を送信します。

チャート

チャートの作成

チャートを作成する HTTP 要求を送信する。

チャートの組み込み

カスタムの Web ページに ThingSpeak チャートを組み込む。

チャネル構成

チャネル構成

ThingSpeak はチャネルにデータを格納します。アクセスの制御、データのセキュリティ保護、およびデータのインポートを行うためにチャネルを構成する方法について説明します。

例および操作のヒント

Arduino MKR1000 ボードまたは ESP8266 ボードを使用して継続的にデータを収集し、ThingSpeak チャネルを一括更新

Wi-Fi® の信号強度を JSON 形式で 15 秒ごとに収集し、相対タイム スタンプを使用して 2 分に 1 回チャネルを更新する。

Particle Photon ボードを使用してデータを継続的に収集し、ThingSpeak チャネルを一括更新

15 秒ごとに CSV 形式でデータを収集し、絶対タイムスタンプを使用して 2 分に 1 回チャネルを更新する。

Raspberry Pi ボードを使用してデータを継続的に収集し、ThingSpeak チャネルを一括更新

15 秒ごとに JSON 形式で CPU の温度と利用のデータを収集し、Python® 2.7 を実行する Raspberry Pi™ ボードを使用して 2 分に 1 回チャネルを更新する。

トラブルシューティング

エラー コード

HTTP ステータス コードと、それに対応するエラー コードおよびメッセージのリスト。