Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

Add TalkBack Command

TalkBackコマンドをTalkBackキューに追加する

要求

HTTPメソッド

POST

URL

https://api.thingspeak.com/talkbacks/<talkback_id>/commands.<format>

入力引数

名前説明

<talkback_id>

(必須) TalkBack ID。正の整数として指定します。

<format>

HTTP 応答の形式。json または xml として指定します。

≪例:≫ https://api.thingspeak.com/talkbacks/12345/commands

Bodyパラメーター

名前説明値のタイプ
api_key

(必須) TalkBackのこの特定のインスタンスの API キー。TalkBackキーは、チャネルAPI キーやユーザー API キーとは異なります。

文字列

command_string

デバイスに送信されるコマンド。各 command_string は 255 文字に制限されます。

文字列

position

(オプション) コマンドを表示する位置。この位置以降にある既存のコマンドはすべて後ろにシフトされます。位置を空白のままにすると、コマンドはキューの最上位の最後に自動的に追加されます。

整数

Content-Type

application/x-www-form-urlencoded

応答

成功

HTTPステータスコード

200 OK

Body

 テキストの例

 JSON の例

 XML の例

エラー

完全なリストについては、エラー コード を参照してください。

すべて展開する

POSTMAN を使用すると、 ThingSpeakの RESTful API を使用した HTTP要求を試すことができます。この例では、 POSTMANを使用して既存のキューにTalkBackコマンドを追加する方法を示します。

TalkBackコマンド LIGHTON を、 TalkBack ID 24507 を持つ既存のTalkBackキューに追加します。

POST https://api.thingspeak.com/talkbacks/24507/commands
     api_key=YOUR_TALKBACK_API_KEY
     command_string=LIGHTON

  1. POSTMANで、HTTP 動詞のドロップダウン リストから POST を選択し、アドレス バーに https://api.thingspeak.com/talkbacks/TALKBACK_ID/commands と入力します。TALKBACK_ID をTalkBack ID に変更します。

  2. パラメーターapi_key とTalkBack API キーを入力します。これは Apps > TalkBack> YOUR TALKBACK NAME にあります。 $。

  3. 追加のパラメーターと値を入力します。

    • api_keyValue:XXXXXXXXXXXXXXXX

    • command_stringValue:LIGHTON

応答はテキスト形式です。サーバー応答値 200 OK に注目してください。これは、コマンドがTalkBackキューに正常に追加されたことを示します。

新しいコマンドがTalkBackキューで使用できるようになりました。