Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

エラー コード

エラー コード

HTTP ステータス

メッセージ

詳細

error_bad_request

400

Bad Request

構文に誤りがあるため要求を処理できません。

error_auth_required

401

Authorization Required

正しい認証情報を提供してください。

error_payment_required

402

Payment Required

ThingSpeak™ ライセンスのメッセージ制限を超えました。

error_resource_not_found

404

Resource Not Found

要求されたリソースが見つかりませんでした。URL を確認し、再度試してください。

error_method_invalid

405

Method Not Allowed

この要求に適した HTTP メソッドを使用してください。

error_request_too_large

413

Request Entity Too Large

要求が大きすぎます。サイズを小さくして再度試してください。

error_no_action

421

No Action Performed

サーバーは要求の処理を試みましたが、実行するアクションがありませんでした。

error_too_many_requests

429

Too Many Requests

しばらく待ってから別の要求を送信してください。

すべてのエラーは対応する HTTP ステータス コードと共に送信されます。

テキスト

エラー応答の例: error_auth_required

JSON

応答は JSON エラー オブジェクトです。次に例を示します。

{
  "status": "401",
  "error":
  {
    "error_code": "error_auth_required",
    "message": "Authorization Required",
    "details": "Please make sure that your API key is correct."
  }
}

XML

応答は XML エラー オブジェクトです。次に例を示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<error>
  <error-code>error_auth_required</error-code>
  <message>Authorization Required</message>
  <details>Please make sure that your API key is correct.</details>
</error>