Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

REST API

REST API の呼び出しを使用した ThingSpeak™ のチャネルおよびチャートの作成と更新

Representational State Transfer (REST) は、HTTP 上で通信する要求/応答モデルとして設計されたアーキテクチャ スタイルです。ThingSpeak は IoT プラットフォームであり、GET、POST、PUT、DELETE などの REST API 呼び出しを使用して、チャネルの作成、チャネル フィードの更新、既存のチャネルの更新、チャネル フィードのクリア、およびチャネルの削除を行うことができます。Web ブラウザーまたはクライアントは REST 呼び出しを使用してサーバーに要求し、サーバーは応答を返信します。Web ブラウザーは、このインターフェイスを使用して Web ページを取得したり、リモート サーバーへデータを送信したりします。

また、ソーシャル メディア、Web サービス、およびデバイスとの交信にThingSpeak アプリでの REST API 呼び出しを使用することもできます。

概念

チャネル

チャネル フィード

チャート

チャネル構成

  • チャネル構成
    ThingSpeak はチャネルにデータを格納します。アクセスの制御、データのセキュリティ保護、およびデータのインポートを行うためにチャネルを構成する方法について説明します。

例および操作のヒント

トラブルシューティング

エラー コード

HTTP ステータス コードと、それに対応するエラー コードおよびメッセージのリスト。