Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

REST API と MQTT API の選択

REST は Representational State Transfer のアーキテクチャ スタイルであり、HTTP 上で通信する要求/応答モデルとして設計されています。MQTT は、TCP/IP ソケットまたは WebSocket 上で実行されるパブリッシュ/サブスクライブ モデルです。WebSockets 上の MQTT は、SSL によってセキュリティで保護できます。REST GETまたは POST要求を使用するか、 ThingSpeak™ MQTT パブリッシュチャネルにデータを更新することを選択できます。チャネルデータを取得するには、REST GET要求またはMQTT サブスクライブを使用します。

REST の使用目的

このようなシナリオでは、REST 呼び出しを使用してThingSpeakチャネルからデータを更新または取得すると便利です。

MQTT の使用目的

このようなシナリオでは、MQTT を使用してデータをThingSpeakチャネルに更新すると便利です。

  • 最小限の電力消費でデータを迅速に送信したい。

  • デバイスの接続が断続的である場合、または帯域幅が制限されている場合にデータを送信したい。

  • 新しいメッセージについてサーバーをポーリングせずに、チャネルに投稿されたデータの更新を即時に受信したいと考えています。

参考

| | | | |

関連する例

詳細