Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

チャネルへのデータの書き込み

REST および MQTT API を使用してソフトウェアまたはデバイスでチャネルを更新する

ThingSpeak™ は、チャネルを使用してアプリやデバイスから送信されたデータを保存する IoT プラットフォームです。ThingSpeakチャネルにデータを書き込むには、いくつかの方法があります。REST API、MQTT Publish メソッド、およびMATLABの thingSpeakWrite 関数からの HTTP 呼び出し。REST API と MQTT API の選択チャネルを更新する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

REST API

すべて展開する

Write DataHTTP GETまたは POST を使用してチャネルデータを更新します
Bulk Write JSON Data単一の HTTP POST で多数のエントリを JSON 形式でチャネルに書き込みます
Bulk Write CSV Data単一の HTTP POST で多数のエントリを CSV 形式でチャネルに書き込みます
Write ImageHTTP POSTでチャネルイメージを書き込む

MQTT API

すべて展開する

Publish to a Channel FeedMQTT で複数のチャネルフィールドを同時に更新するメッセージをパブリッシュする
Publish to a Channel Field FeedMQTT で単一チャネルフィールドを更新するメッセージをパブリッシュする

関数

すべて展開する

thingSpeakWriteThingSpeakチャネルにデータを書き込む

トピック

データの書き込み方法を選択する

  • データの書き込み方法
    REST API、MQTT、 MATLAB® 、またはサードパーティ アプリケーションを使用して、デバイスまたはコンピューター上のハードウェアまたはソフトウェアを使用してチャネル内のデータを収集します。
  • REST API と MQTT API の選択
    どんな時に REST と MQTT を使用してチャネルを更新するのかを学習する。

Libeliumハードウェアを使用したデータの書き込み

The Things Networkから分散センサー データを書き込む

Arduino とParticle Photonを使用したデータの書き込み

ESP8266でデータを書き込む

ESP32でデータを書き込む

Raspberry Piでデータを書き込む

トラブルシューティング

エラー コード

ThingSpeak REST API エラー メッセージと対応する HTTP ステータス コードの詳細を参照してください。

MQTT パブリッシュのトラブルシューティング

MQTT パブリッシュを使用するときによくある間違いを解決するためのヘルプを入手します。